経理未経験から就職・転職、経験者のキャリアアップのための転職など経理転職のノウハウを全て大公開していきます

【経理転職コンシェル】エージェント比較から体験談、ランキングまで経理転職の全て

【経理転職コンシェル式】他人と圧倒的に差がつく職務経歴書の書き方を実例を交えて紹介!

こちらの記事もよく読まれています

転職活動の際に応募書類として提出することになるのが、履歴書と職務経歴書。合格する転職履歴書の書き方ついてはこちらの記事をご覧ください。

参考第一印象で勝つ!経理転職を成功させるの転職履歴書の書き方【保存版】

履歴書は事実を淡々と記載していけば良い書類で、どちらかと言えば減点方式、一方職務経歴書は今までの経歴やスキルをアピールする加点方式の応募書類と言えます。

「職務経歴書に何を書いたらいいかわからない」
「どう書いていけばわからない」
「どのくらい書けばOKなの?」

最初は何をどう書いていったら良いのかわからず、このような疑問が出て来ると思います。

そこで、この記事では職務経歴書の書き方について説明していきますね。

  • そもそも職務経歴書は何を見られるのか
  • 経理転職に合格する職務経歴書とはどのようなものか
  • 具体的な書き方を知りたい

こんな感じのことを書いていきますので、もし職務経歴書をどう書けば良いのか、どう準備していったら良いのか悩んでいるのであればぜひ読んで見て下さい!

 

職務経歴書とはあなたの魅力をアピールするテスト

そもそも職務経歴書で、採用企業は何を見ているのでしょうか?

簡単に言えば、採用する魅力のある人材かどうか。

この1点だけを見ていると言っても過言ではありません。もう少し噛み砕いて言えば、職務経歴書を見て、「採用した後にあなたが活躍している絵がイメージできるかどうか」です。

求人企業は職務経歴書を見て面接に呼ぶかを決める

当たり前の話をしますが、求人企業は人が足りないから人を採用しようと思っているわけです。

決してボランティアで人を採用したり、その人の成長やキャリアプランを手助けしたいと考えて採るわけではありません。

具体的に何をやってもらうかのイメージを持って採用活動を行なっているので、採用企業側が考えている仕事内容をきっちりできる人に面接に進んでもらいたいと思うはずなんですね。

じゃあどうやって仕事に合致する(と思われる)人を選抜するかと言ったら、職務経歴書を見るしかないんです。

職務経歴書で伝えるべきこと

採用企業側が職務経歴書をどんな視点で見ているかがわかれば、転職候補者はそれを満たすように職務経歴書を書いていけば良いということになります。

履歴書があなたの名前や学歴、職歴等の事実を淡々と記載していくものに対し、職務経歴書はあなたの魅力をアピールする一つのテストだと理解しておくと良いです。

問題

求人票に記載されている「求めるスペック・人物像」を満たすことがわかるように自分の経験も踏まえて分かりやすくアピールしなさい。

っていう感じのテスト問題ですね。

あなたの人となりや魅力を全く知らない採用担当者に対して、あなたの企業の求めているスペックに対して、自分こそがそれに相応しいスキルや経験を持っているんだということを職務経歴書全体で示すべきなんです。

そのためには、履歴書とは異なり、結果だけを書くのではなく、どういうことを意識してどういう風に行動した結果、どんな成果が挙げることができたのかを、エピソードを交えて具体的に記載することが必要になってきます。

 

職務経歴書を書く前に経歴の振り返りをしよう!

職務経歴書を書く前には経歴の振り返りをしておくことをおすすめします。別に職務経歴書を書きながら振り返っても良いんですが、意外に漏れや時系列の記憶違いなどが出て来ることも多いです。

職務経歴書を元に面接が行われるのが一般的ですから、なるべく正確に書けるよう、職務経歴書を書く前に一度今までやってきたことの棚卸を行うと良いでしょう。

とは言っても大げさにやる必要はなく、こんな感じでエクセルに簡単にまとめればOKです。

入社年数 在籍部署 従事した業務 成果
1〜3年目 税金グループ 固定資産税管理、法人税申告書作成
  • 1年目から固定資産税の管理を任され無事に業務を遂行した。
4〜7年目 連結グループ 連結決算、子会社管理
  • 入社以来勉強してきた英語力を買われ、子会社とのやりとりが多く発生する連結決算グループに異動
  • 連結決算だけでなく開示も担当し、多くの場面で監査法人と調整を行なった。
8年目〜10年目 経営企画部 M&A関連業務
  • 大型の会社買収に関与。会計面からサポートを行い問題なくクローズさせた。

「何をやったか」「どんな成果を挙げたか」というのがポイントとなります。もし現在の職場で人事評価などで各年の成果がまとまったものを作っていれば非常に参考になりますよ

 

合格する職務経歴書の書き方

ここからは具体的に合格する職務経歴書の書き方を事例を交えて紹介していきます。

職務経歴書の構成

まずは職務経歴書の全体像ですが、大きく3つのパートに分けて記載すると良いでしょう。

  1. 職務要約と経験職務一覧
  2. 詳細な職務経歴
  3. 資格及び自己PR

最初に職務要約と経験職務一覧を記載

まず最初に企業が求める知識や経験を持っていることを最上段でアピールします。ここでは、単純にどんな業務に携わってきたかということを記載するとともに、どんな業績を上げたかを具体的にさらっと記載します。

その後に経験職務一覧として、経験した業務とその年数がパッと見て分かるように記載します。基本的に職務経歴書を読む人は時間がないという前提で記載をしていきましょう。

最初に自分があなたの企業の求めるスペックを十分満たしていますよということをアピールするとともに、どんな業務を経験してきたかを一覧にすることで、読み手が読みやすいように工夫するのです。

そうすると、採用担当者は「良く分かってるな、ふむふむ…」と良い印象を与える効果があります。細かいテクニックですが、こういう気遣いが良い印象につながります

職 務 経 歴 書

【職務要約】
新卒で〇×株式会社に入社。税務を3年経験した後、英語力が買われ連結決算グループに配属。連結決算を着実に行うとともに、現在は主に海外M&Aビジネスに従事。候補会社の選定からクロージング、PMIに至る上流から下流まで一気通貫で経験。イギリスの飲料会社を買収するプロジェクトでは、部下5人を率いて相手会社との交渉を粘り強く行い、こちらの望む条件での買収を実現することができた。

 

【経験職務一覧】

経験職務 年数
  • 税務申告
  • 連結決算
  • M&A
  • 海外駐在(ロンドン)
  • 3年
  • 4年
  • 2年
  • 2年

詳細な職務経歴を記載

続いて、時系列通りに職務経歴を会社ごとに記載します。ここでは、実績を具体的に書くことがポイントです。最上段の「職務要約」では、一番アピールしたい実績の結果しか記載していませんので、ここで過程も含めた詳細をアピールしていくことになります。

その際注意したいのが、できるだけ以下のような抽象的な表現を避けるということです。

最後まで投げ出さない性格である
コミュニケーション能力が高いと自負している
責任感が強い性格である

なるべく具体的な表現を使うことを意識し、はっきりと読み手を納得させるよう記載していくのがポイントです。また、記載してもアピールにならないことは極力排除するようにします。冗長な表現としてマイナスに働きます。

職務経歴の部分は文章が多くなりがちですので、全体が読みやすくなるようなレイアウトにしましょう。

箇条書きを使用したり行間を工夫したり、また場合によっては図も入れて、読み手に簡潔に伝えたいことが伝わる職務経歴書にしていきましょう。

【職務経歴】
株式会社〇×コンサルティング(2010年4月~2015年9月)

各種財務関連コンサルティングやIT関連コンサルティングなど幅広いコンサルティングサービスを提供。資本金10億円、従業員500人

略歴

2010年4月 入社(内部統制コンサル部に配属)
2013年6月 ITコンサル部に配属

業務内容

  • 内部統制構築業務→業務の流れを可視化し、問題点を改善
  • セミナー講師→内部統制構築のポイントを50人に対し5回実施

実績事例1:内部監査に耐えうる内部統制構築コンサルティングの成功
【内容】外資系企業にて内部監査に耐えうる内部統制の構築コンサルティング業務を現場責任者として実施し、無事クリアすることができた(部下2人をマネジメント)。

【成果】書類の承認を全て部長が行っていたが、一定の金額以上を部長承認にすることで、ミスを減らすとともに業務を効率化、部下に権限を与えることで責任意識持たせることに成功。

△◇商事株式会社(2014年10月~現在)
・・・

資格及び自己PR

その他応募するにあたり、アピールできる資格や語学力があれば、職務経歴及び職務実績に続いて記載するようにします。英語力を持つ人を募集している場合にはTOEICの点数を記載したり、英語を使った業務経験を記載したりしましょう。

アピールできる業務経験があればどんどん記載するべきです。自分がいかに即戦力であるかがヒシヒシと伝わるように書いていきましょう。嘘は絶対にいけませんが、多少の脚色は許されると思います。

また、最後の締めとして自己PRを記載することをおすすめします。一度記載した自己PRは複数の企業で使いまわしている人がほとんどだと思いますが、自己PRは企業に応じて記載を変えると書類選考の通過確率が格段にアップします。

その企業の経営理念を入れ込んでみたり、応募企業をなぜ志望しているのかを具体的に書くことで熱意は伝わるものです。

 

必ずしも2枚に収めなくてもOK

よく職務経歴書は2枚以内に収めましょうと言われていますが、上記事項を盛り込んで記載すると2枚には収まらないと思います。

でも必要なことを盛り込んだ結果2枚をオーバーしてしまうのはOKだと考えています。さすがに5枚以上になってしまうのは多すぎると思いますが、4枚以内なら全く問題ないです。

それは、採用担当者はまず斜めにしか見ないからです。提案した職務経歴書の書き方であれば、最初に採用企業が一番取りたいと思っている基準を満たしていますよということを記載していますし、全体的に見やすい作りになっています。

1回目はざっと眺めて興味を持てば、あとは全体をしっかり読んでもらえます。

必ずしも「2枚に収めなければ採用担当者のことを考えていないと評価されてしまう」という意見に振り回される必要はありません

それよりも泣く泣く自分のアピールポイントや具体的なエピソードを削除してしまうのは非常にもったいないですし、結果として合格確率を下げることになってしまいます。

企業担当者は面接に臨む場合、職務経歴書を読み込んで、ある程度の人物像をイメージして面接をしてきますから、そこでイメージの湧きやすい職務経歴書に仕上げておくことで初対面でも親しみを持ってくれるのです。

 

職務経歴書のチェックポイント

職務経歴書のチェックポイントは以下の通りです。

  • 応募企業の求めているスペックと合致していることがアピールできているか
  • 応募企業の求めているスペックと関係ない点がアピールされていないか
  • アピールポイントは具体的かつ簡潔に記載されているか
  • 全体的に読みやすいレイアウトになっているか
  • 文章ばかりではなく、適度に箇条書きや図が使われているか
  • 実績には具体的な数字が盛り込まれているか
  • 抽象的な表現が残っていないか

一度記載してみた後に上記のポイントを意識しながらセルフチェックをしてみてください。

 

最後に転職エージェントに見てもらおう!

合格する職務経歴書の書き方をまとめていきます。

職務経歴書の書き方

  • 採用する魅力があるかを確認するのが職務経歴書
  • 職務経歴書を見て面接に呼ぶかを決める
  • 職務経歴書で伝えるべきこと
    ・自分が相応しいスペックや経験を持っていること
    ・エピソードを交えて具体的に記載
  • 職務経歴書を書く前にすべきこと
    ・経歴の棚卸
    ・人事評価などで記載したものがあれば参考に
  • 合格する職務経歴書の構成
    1.職務要約と経験職種一覧
    2.詳細な職務経歴
    3.資格及び自己PR
  • 必ずしも2枚以内に収めなくてもOK

ここまで、合格する職務経歴書の書き方を紹介してきましたが、最後の仕上げとして、客観的かつプロの視点から、転職エージェントに添削をしてもらうことをおすすめします

自分では完璧!と思っていても、意外と他人が読むと分かりづらい記載だったり、文のつながりに違和感があったりするものです。

また、応募企業に訴求するポイントがしっかり押さえられているかどうかについては、企業担当者とコンタクトを取っている転職エージェントのキャリアアドバイザーの方が感度があります

関連記事
経理に強い転職エージェントおすすめはここ!使った本音で比較してランキング

経理に強い使うべき転職エージェントは? このサイトについて このサイトでは、管理人が実際に利用した経験をもとに、経理の転職で本当に使うべき転職エージェントやキャリアアップを目指す人、未経験から経理を目 ...

こちらの記事もよく読まれています

更新日:

Copyright© 【経理転職コンシェル】エージェント比較から体験談、ランキングまで経理転職の全て , 2018 All Rights Reserved.