経理未経験から就職・転職、経験者のキャリアアップのための転職など経理転職のノウハウを全て大公開していきます

【経理転職コンシェル】エージェント比較から体験談、ランキングまで経理転職の全て

ニート(無職)・フリーターの経理就職はIT企業が狙い目|スキルなし、未経験、資格なしのホワイト企業正社員就職術

こちらの記事もよく読まれています

ニート・フリーターだったけど、そろそろ本気出して働くか。社会人経験がない経理に正社員として就職・転職したい!そんなこと本当に可能なの?

そう思ってネットで情報を集めても、そんな情報なかなか書かれていないですよね?

そんなあなたのために、この記事では「ニート・フリーターなどスキルなし・経験なし・資格なしの人が経理の正社員として就職するための方法」についてお伝えしていきます。

結論から言えば社会人経験に乏しいニートやフリーターは「IT企業の経理」を狙うのが正社員として就職する一番の近道です。

「えぇ、IT企業??超絶ブラックなイメージしかないんですけど…」と思ったあなた。安心してください。ホワイトIT企業を見つけるコツも合わせて紹介していきますよ。

注意

この記事は本気で就職活動に取り組む覚悟がある人のために書いています。「働いてみよっかなぁ」と軽い気持ちで就職活動を考えている人には役に立たないゴミ記事ですので、ご理解いただければ幸いです。

実務経験がないニート・フリーターでも経理に正社員として就職できるの?

そもそも実務経験がないニート・フリーターでも経理の正社員として就職できるのか疑問に思うかもしれません。

確かにコツは必要ですが、ニートやフリーターでも経理の正社員として入社するのは不可能ではありません

経理は実務経験・社会人のマナーが大切なのは間違いない

ただ覚えておいて欲しいのは、簡単にニートやフリーターが経理の正社員として働ける企業は見つからないということ。

経理は実務経験と専門知識が要求される部署であるとともに、他部門の人とコミュニケーションを取ることが多い(特にこちらからお願いすることが多い)ため、社会人としての礼儀を持って仕事を進めて行くことが大切なんです。

なので、社会人経験に乏しいニートやフリーターは、「実務経験もなければ専門知識もない、その上社会人としてのマナーも足りてない」という疑いの目を向けられてしまいますので、それを払拭しない限り、簡単に正社員として取ってもらえるわけではないのです。

やる気を見せるために簿記の資格を取るのも一つの手

じゃあどうすればいいかというと、一つの提案としては「やる気」と「専門知識」を持っていることをアピールするために、簿記の資格を取るということです。

簿記の資格は経理で実際に働く際にも役立つ資格です。

経理をやって行く上での前提知識を学べる数少ない「使える」資格と言えるので、取っておいて損はありません。

経理の転職に有利な資格・スキルについて説明していくよ!コスパで言えば簿記2級が最強です。

資格は無くとも経理の正社員就職は可能。狙い目はIT企業

資格を取るのは時間がかかる!それまでに仕事に就きたいという気持ちが萎えてしまうかもしれないので、今S宮転職活動をしたい。

その気持ちもわかります。絶対に資格がないと経理の正社員就職はできないかというと、資格は無くとも正社員就職は可能です。

ここでとっておきの情報をあなたにお伝えします。

他のサイトのどこにも記載されていないと思うのですが、ニートやフリーターで経理の正社員就職がしたければ、IT企業が実は狙い目なんです。

IT企業?超絶ブラックな匂いがしますか?実はホワイト企業も多くチャンスなんですよ

「ええっ!!IT企業?超絶なブラック企業ばっかなイメージがあるけど大丈夫??」率直にそう思った人は多いのではないでしょうか。僕の体験談から「なんで経理の正社員就職にはIT企業がおすすめなのか?」お伝えしていきますね。

IT企業は成長企業が多いため慢性的な人手不足

まずIT企業といえば、成長企業が多いので、猫の手も借りたいくらい慢性的な人材不足に陥っています。

特に、これから事業を拡大していこうと考えている企業は、子会社の立ち上げなどで経理人材が喉から手が出るほど欲しいんです。

また、上場を狙っている企業も手を動かせる人の需要が大きく、どんどん人材募集をかけているのが現状です。

ホワイトIT企業も未経験OKの経理求人を出しているのに人気が低く狙い目

事業を拡大していこうとしているので、猛烈に働かされる!と考えがちですが、最近では、意外とホワイトな働き方を奨励するホワイトIT企業も多くあり、そんな企業から「未経験OKの経理求人」も多く就職市場には出回っています

にもかかわらず「IT企業?ブラックだから行きたくないね」と全く検討の土台に上がらないライバルが多いのも事実です。

つまり、ホワイトIT企業が「未経験でも正社員として採りますよ」と言っているのに、人気は高くないということで、スキルなし、経験なし、資格なしのニートやフリーターでも正社員として採用される可能性が高いのです。

とは言えブラック企業も多いので上手く避けて就職活動をする必要がある

ホワイトIT企業の正社員求人もあると言っても、やはりブラックなIT企業が多いのも事実です。

なので、就職活動をする際には、なるべくブラック企業を避けてホワイト企業を選ぶ必要があります。

「どうやってブラック企業とホワイト企業を見分けるの?」

安心してください。ブラック企業を避けてホワイト企業に入社するコツをお伝えします。これから書いていくことを心がけて企業選びを進めていくことで、ブラックなヤバい会社に入社してしまう可能性をグッと低く抑えることができますよ。

関連記事
【経理ホワイト就職術】経理ブラック企業の見抜き方をズバッと解説!

こちらの記事もよく読まれています 注目記事 経理に強い転職エージェントのおすすめを比較してランキング 未経験からホワイト経理に就職・転職する方法 会計士の転職エージェントランキング|監査法人を辞めたい ...

 

ニート・フリーターがブラック企業を避けてホワイト企業に入るコツ

未経験から経理として働きたい!と考えている人に先に知っておいて欲しいことがあります。それは、経理の転職市場では、経験者が圧倒的に優遇されるという悲しい現実があること。

今まで何らかの経理経験があれば良いのですが、全く経理の経験がない人もいると思います。未経験から経理の正社員を目指すために覚えて欲しいことは以下の5点です。

  1. 未経験からホワイト企業の経理を目指すならハローワークは避ける
  2. 求人サイトや転職サイトの多くはブラック企業と思え!
  3. 労働条件や残業の有無を事前に確認する
  4. みなし残業・裁量労働制が設定されている会社は危険
  5. 口コミが良くない会社は注意

1. ニート・フリーターが未経験からホワイト企業の経理を目指すならハローワークは避ける

ニートやフリーターが未経験から仕事を探す時に「まずはハローワークに行ってみよう」と考えてしまう人も多いかもしれませんが、ハッキリ言ってしまうと、ハローワークはブラック企業など質の低い求人が多く、利用はおすすめできません。

ハローワークには、

  • 求人の掲載に料金がかからないため費用をかけずに採用したい企業が集まる
  • 求人に年齢制限がないため、企業と求職者のミスマッチが生じやすい
  • 誰でもできる仕事が中心のため、給料が低い求人が多い

といった特徴があるんです。

何より致命的なのが、求人票に記載されている内容と実情が違うパターンが多いということ。

ハローワークはあくまでも職業を紹介する機関に過ぎないので、求人票に記載されている内容の真偽を確かめてはいないのです。

なので、実際に入社してみたら、求人票に記載されていた仕事内容と全く違う内容の仕事をする羽目になった、残業時間が多かった…なんてことも頻発しています。

例えば、NHKニュースの「おはよう日本」でも取り上げられていた話を紹介します。

・“実際と異なる条件で…” 求人トラブルの実態

「自動車整備やタイヤの販売」で正社員、地元勤務という求人内容だったはずが、蓋を開けてみると、何と割り当てられたのは「派遣社員の管理と営業」、勤務地も地元から車で1時間半の場所だったということ。

このように質の悪い「ブラック求人」が多く存在しているのがハローワーク。厚生労働省の調査によれば、毎年4,000件前後も「求人票と実際の労働条件が違った」という相談が寄せられているそうです。

もちろん中には質の良い求人があることも事実ですが、それを見抜く眼力が必要ですし、ハローワークに行ったタイミングで運よく出会える可能性も低いです。

今や民間の優秀な就職・転職支援サービスが充実していますので、本当に職が見つからない人以外はハローワークを利用する必要はありません。

2. 求人サイトや転職サイトの多くはブラック企業と思え!

また、ハローワーク以外でも、「経理 未経験 求人」なんてキーワードで検索を行って上位に出てくるリクナビNEXTやエンジャパン、Indeedなどの求人サイトを使って仕事を探そうと考える人も多いと思いますが、これもおすすめできません。

ハローワークよりはまだマシだと思いますが、求人サイトで「未経験歓迎」と募集している企業は要注意。ブラック企業の可能性が高いです。

ブラック企業だからどんどん人が辞め人手不足に陥り、求人サイトにお金を払って求人情報を載せていると考えられます。

もしかしたら、実際は全然違うかもしれませんが、これくらいの考えで求人サイトを利用しないと、まんまとブラック企業に誘い込まれてしまう可能性が高いんです。

関連記事
転職サイト・求人サイト経由での応募はおすすめしない|転職サイトは転職価値を知るだけ、本気なら転職エージェントに頼ろう

こちらの記事もよく読まれています 注目記事 経理に強い転職エージェントのおすすめを比較してランキング 未経験からホワイト経理に就職・転職する方法 会計士の転職エージェントランキング|監査法人を辞めたい ...

求人サイトにお金さえ払えば求人情報は掲載できますから、とても魅力的な求人票も本当かどうか疑ってかかることが大切です。

  • 経理だと思って入ったら、ただの雑用
  • 残業が異常に多く、育児と両立できない
  • 女性が働きやすい制度が全く存在しない

こんな企業で働くことになってしまったら、嫌ですよね。ちょっと検索して良さそうな求人に応募してみる、それはブラック企業への入り口かもしれません。

簡単に良い企業は見つからない

そう考えて行動するようにしましょう。特にブラック企業を避けて未経験から経理で正社員に採用されるのはそんなに簡単なことじゃありません。そのことを良く覚えておきましょう。

関連記事
【経理ホワイト就職術】経理ブラック企業の見抜き方をズバッと解説!

こちらの記事もよく読まれています 注目記事 経理に強い転職エージェントのおすすめを比較してランキング 未経験からホワイト経理に就職・転職する方法 会計士の転職エージェントランキング|監査法人を辞めたい ...

3. 労働条件や残業の有無を事前に確認する

ブラック企業を避けるために必ず確認して欲しいのが、労働条件や残業時間がどうなっているのかということ。求人票に記載されていたとしても絶対に改めて確認しましょう。

企業との面接時に聞きにくい、聞いたら「熱意がない」と不合格にされるんじゃないかと不安に思うかもしれませんが、ここをちゃんと確認しておかないと入社した後に後悔するだけでなく人生設計が狂います。

というかまともな会社であれば、ちゃんと答えてくれますし、労働条件を確認することは当たり前じゃないですか!なので、これでムッとされたり、不合格にされるなら、そんな会社行かない方がマシです。

どうしても企業に直接聞けないということであれば、就職・転職エージェントを通して聞いてもらうのがベターです。就職・転職エージェントは企業と密にコンタクトを取っており、生の情報を持っていますので、案件を紹介してもらう際に聞いてみると教えてくれるかもしれません。

また、転職エージェントとの面談や企業との面接の際には、以下の点を質問して労働環境を事前に把握しておくことをおすすめします。

決算期以外の残業時間はどのくらいなのか?

繁忙期に残業があるのは経理ですからしょうがないと思いますが、繁忙期以外の残業時間が多い場合にはブラックな文化の企業の可能性が高いです。経理は基本的には繁忙期以外は安定している職種にも関わらず残業時間が恒常的に多いということは、求人票に記載されている経理以外の雑務をやらされることが考えられます。

離職率や平均勤続年数はどのくらいなのか?

ブラック企業の特徴として、人材を使い倒しながらどんどん入れ替えていくことが挙げられます。そのため、離職率が高く、平均勤続年数が短くなるのです。離職率が異常に高かったり、平均勤続年数が一桁台と異様に短い場合にはブラック企業の可能性が高いので注意が必要です。

4. みなし残業・裁量労働制が設定されている会社は危険

求人票に「月額給与30万円(みなし残業時間50時間を含む)」と記載されている会社や「年収600万円(裁量労働制)」と記載されている会社は危険なので注意が必要です。

「月額給与30万円(みなし残業時間50時間を含む)」と記載されている場合には、残業代が予め月額給与に含まれていることを意味します。

これはどういうことかというと、「毎月50時間は残業をすることが前提の給与」となっていますので、その位は残業して当然の業務量が割り当てられる可能性が高いんですね。

また、「年収600万円(管理職は裁量労働制)」と記載されている場合には、「いくら残業しても残業代が出ない」労働形態を結ばされます。

裁量労働制は一部では「奴隷契約」と呼ばれているほど労働者が限りなく働かさせられる可能性のある契約なので、よく考えずにOKしてしまうことのないよう注意しましょう。

5. 口コミが良くない会社は注意!

就職や転職する際にその企業の実情をよく知るのに役立つのが、会社の口コミサイトです。大手の口コミサイトとしては、以下の2つが有名です。

この2つの口コミ投稿サイトは、無料会員だとあまり情報が見れないようになっているのですが、総合点や直近投稿されたコメントは見れるようになっています。

点数があまりに低い会社はブラック企業である確率が高いので、なるべく避けるようにしましょう。

 

未経験から正社員へ!求人3つの探し方と注意点

未経験から正社員求人を探す方法としては、主に以下の3つが挙げられます。

見出し(全角15文字)

  1. ハローワークでお役所仕事の職員から紹介を受ける
  2. 転職サイトを見て、公開されている案件を選んで自分で応募する
  3. 転職エージェントに相談をして非公開案件を含めた中から自分に合った企業を紹介してもらう

どの探し方が一番いいかは言うまでもありませんね。

未経験から経理の正社員になるのは簡単なことではありません。

ハローワークや転職サイトを見て、自分で応募して簡単にホワイト企業が見つかる、そんな甘い話はありません。

自分一人で見つけられるものではないと割り切って、転職に詳しい人、ホワイト企業に詳しい人の力を借りるために行動しましょう。

ある程度数を打つ必要がある

経理の良い案件を見つけたからといって、必ずその企業に入れるわけではありません。

書類選考→面接と突破しなければならない試験がありますし、良い企業にはライバルたちも殺到します。未経験で何も武器を持たない人がいきなり採用される可能性って低いと思いませんか?

なので、ある程度複数の案件に応募を行う必要があることを覚えておきましょう。転職エージェントを使えば希望に合った良さげな案件を複数ピックアップしてくれますので、全てに応募するくらいの気持ちで転職活動を進めていった方が良いです。

いきなり大手は無理。中小ホワイト経理求人を狙おう!

また、経理未経験からいきなり大手企業の経理を狙うのは無謀というもの。大手でなくても中小企業の中にはホワイト企業もありますので、そこをまずは狙いましょう。

とはいっても、中小企業の求人票をいきなり見せられても、その企業がどんな企業でどんな社風なのかって読み取れないですよね。

そこで重要になるのが、転職エージェントからの生の情報です。転職エージェントは求人企業を訪問して、私たち就職・転職者の「知りたいけど求人票には載っていない情報」を持っていますから、事前にそれを聞くことで、ブラックかホワイトかを判別することができます。

大手の経理で働きたいと考えている人は、ホワイト企業に入って経験を積んでから、さらに転職をして入社をするのが一番スムーズです。

 

ニート・フリーターが正社員として入社するために「経理+未経験就職・転職」をわかっているプロのアドバイスを受ける

経理未経験の私がいきなり経理として働いて大丈夫だろうか?そもそもどんな仕事をするんだろう?自分にできるのかな?と不安に感じる人も多いと思います。

なので経理に興味がある人は、「経理業界と未経験の就職・転職事情」について詳しいプロにアドバイスを受けながら就職・転職活動を行うことをおすすめします。

具体的には「転職エージェント」を利用することですね。

転職エージェントを使うと転職活動をラクに進めることができるんですけど、それは以下のようなメリットがあるからです。

  • あなたの将来のキャリアプランを相談してくれる
  • あなたの希望に沿った会社をマッチングしてくれる
  • 求人サイトには決して公開されない非公開案件を紹介してくれる
  • 求人票には記載されていない会社情報が手に入る
  • 企業に直接聞きづらいこともエージェント経由で質問できる
  • 応募書類(履歴書・職務経歴書)の添削を丁寧にしてくれる
  • 応募企業の過去質問事例を保有しており有効な面接対策をしてくれる
  • 面倒な面接のスケジュール調整をあなたの代わりにやってくれる
  • 給与交渉をあなたの代わりにやってくれる

自分でやると面倒臭いし、どうやっていけば良いかわからないことを全て完全無料でやってくれるので、転職エージェントを使わない手はないんですね。

転職エージェントというと、色々な案件を紹介して「さぁさぁ転職しようぜ!」と半ば強引に転職を勧めてくる人というイメージがあるかもしれませんが、全然そんなことはありません。

中にはそんな転職エージェントもあるかもしれませんが、優良な転職エージェントは、あなたの希望をしっかりと聞き、自分に合う職場を提案してくれます。

転職エージェントの何が良いって、「求人先の人事担当者から生の声を聞いている」こと。求人票だけではわからない、本当の職場環境や求人背景などを細かく把握しており、あなたの志向や性格に合う職場を紹介してくれる訳です。

ハローワークや求人サイトみたいに自分で「良さそう」な求人を選んで応募する必要もない上に、「良い」求人を紹介してくれる可能性が高いので、よっぽど効率的に優良案件を探すことができます。

 

ニート・フリーターの転職エージェント選びのポイント

ニートやフリーターに限った話ではありませんが、転職エージェントを選ぶたった一つの重要なポイントは、

あなたに合った担当者に出会うこと

合わない担当者に転職活動をサポートしてもらうと、手間が増えるばかりか、場合によっては転職の足枷となることすらあります。

なので、相性の良い担当者に出会えるかどうかは、転職活動を成功させるための重要なカギとなるんです。

相性の良い担当者に出会うためには、以下の3ステップに沿って転職エージェント選びを進めていくことをお勧めします。

見出し(全角15文字)

  1. 転職エージェントに複数登録する
  2. 登録したエージェントと面談を行う
  3. 自分に合う担当者がいるエージェントを1〜2社選ぶ

ここで転職エージェントを適当に選ぶと、ブラック企業を紹介されたり、いつまで経っても応募企業に合格できなかったり、入ってからめちゃめちゃ後悔する可能性もありますから、転職エージェント選びだけは慎重にやりましょう!

 

ニート・フリーターが選ぶべき良い企業に就職・転職できる転職エージェントランキング

1位 就職Shop:ニート・フリーター・社会人経験が少ない未経験者におすすめ

  • 全くの経理初心者でも経理に就職・転職したい20代
  • ブラック企業は避けてホワイト企業でまったりと働きたい人
  • 経理としてキャリアの第一歩を踏み出したい人
経理未経験でもブラック企業を回避してホワイト企業の正社員として働きたい!社畜として使い倒される働き方なんかしたくない!という人には「就職Shop」がおすすめです。
紹介される求人は全て就職Shopが訪問して取材を行った企業。そのため、企業の残業時間や人員募集の背景など私たちが知りたい情報を嘘偽りなく教えてくれるのです。
それだけでもブラック企業に入社する確率がグッと低くなります。

あまり有名ではありませんが、あのリクルートが運営している転職エージェントですから信頼性も十分ですね。

「銀座」「新宿」「立川」「横浜」「千葉」「大宮」「大阪」「三ノ宮」「烏丸」と関東だけでなく関西にお住いの人でも利用できる便利さが魅力です。

ブラック企業を避け、未経験から経理に正社員として働き始めたいという人はぜひ一度就職ショップに相談してみてはいかがでしょうか。

就職Shopの詳細はこちら

 

2位 パソナキャリア:派遣の延長線で未経験の経理案件に強い。全国対応なのも魅力

  • 営業などの他の職種から経理にキャリアチェンジしたい人
  • 初めての転職活動で手厚いサポートを受けたい人
  • 経理に強い独占案件に興味がある人

とにかく転職候補者に対するサポートが手厚いことで有名なのが「パソナキャリア」。現職で行っている経験と経理業務をうまくリンクさせて、未経験でも合格する応募書類に磨き上げるアドバイスを受けることができます。

企業に対して転職候補者の強みをうまく伝えてくれること、また今までパソナグループが勝ち取ってきた信頼性が高いことから、年収アップ率が高いのが特徴です。

取り扱い求人別の職種比率を見ると「管理部門」の割合は12.4%ですが、パソナグループは元々派遣業をスタートとしていることもあり、その延長線上で経理業界に強いのです。派遣で培ったノウハウを未経験での正社員経理就職・転職に活かしてくれます。

総合転職エージェントに分類される中では、一番未経験の経理正社員就職に強い転職エージェントです。

第1位の就職Shopは関東及び関西しか対応していませんが、パソナキャリアであれば「北海道」から「沖縄」「海外」に至るまで転職支援サービスを受けることができますので、就職Shopのサービスが受けられない地域の人には最善の選択肢となることでしょう。

 

3位 ハタラクティブ:20代の正社員経験がない人におすすめ

  • 20代のフリーターまたは社会人経験が浅い人
  • 将来のキャリアプランなどカウンセリングを重視したい人
  • 未経験からの経理正社員の独占案件に興味がある人

20代でフリーターや異職種から経理の正社員を目指したいという人におすすめなのが「ハタラクティブ」。

これまで未経験転職者の支援実績は約60,000人以上という未経験転職専門の転職エージェントでNo.1の実績を誇っています。

ハタラクティブでは、独自の求人を持っているだけでなく、未経験でも正社員として登用されるためのノウハウを持っており、書類面接などの転職サポートも丁寧に行ってくれます。

その結果、書類審査通過率は91.4%、内定率は80.4%と物凄く高い数値を叩き出しているのです。

ハタラクティブで就職に成功した人の就職先企業規模割合を見てみると、8割以上が資本金1億円以上の中堅会社または上場企業に決まっています。

割と企業規模が大き目の会社で働きたいという希望がある人にはぴったりですね。

ただ、支店が「渋谷」「池袋」「秋葉原」「立川」と面談場所が東京に集中している関東限定のサービスですので、地方に住んでいる人は就職Shopまたはパソナキャリアを利用するといいでしょう。

 

ニート・フリーターが未経験から経理の正社員として就職・転職する方法まとめ

この記事のまとめ

  • 実務経験がないニート・フリーターでも経理に正社員として就職できるの?
    1. 経理は実務経験・社会人のマナーが大切なのは間違いない
    2. やる気を見せるために簿記の資格を取るのも一つの手
    3. 資格は無くとも経理の正社員就職は可能。狙い目はIT企業
  • IT企業は超絶ブラックな印象だが、実はホワイト企業も多くチャンス
    1. IT企業は成長企業が多いため慢性的な人手不足
    2. ホワイトIT企業も未経験OKの経理求人を出しているのに人気が低く狙い目
    3. とは言えブラック企業も多いので上手く避けて就職活動をする必要がある
  • ニート・フリーターがブラック企業を避けてホワイト企業に入るコツ
    1. ニート・フリーターが未経験からホワイト企業の経理を目指すならハローワークは避ける
    2. 求人サイトや転職サイトの多くはブラック企業と思え!
    3. 労働条件や残業の有無を事前に確認する
    4. みなし残業・裁量労働制が設定されている会社は危険
    5. 口コミが良くない会社は注意!
  • 未経験から正社員へ!求人3つの探し方と注意点
    • ある程度数を打つ必要がある
    • いきなり大手は無理。中小ホワイト経理求人を狙おう!
  • ニート・フリーターが正社員として入社するために「経理+未経験就職・転職」をわかっているプロのアドバイスを受ける
  • ニート・フリーターの転職エージェント選びのポイント
  • ニート・フリーターが選ぶべき良い企業に就職・転職できる転職エージェントランキング
    • 1位 就職Shop:ニート・フリーター・社会人経験が少ない未経験者におすすめ
    • 2位 パソナキャリア:派遣の延長線で未経験の経理案件に強い。全国対応なのも魅力
    • 3位 ハタラクティブ:20代の正社員経験がない人におすすめ

ニート・フリーターがいきなり経理の正社員として働くことは簡単ではありません。

しかし、「経理+未経験者の就職・転職」に詳しい人(転職エージェント)の力を借りることで、その可能性はグッと上がることも事実です。

働き方改革でホワイト企業も多くなってきている今が就職・転職のチャンスです。

今はモヤモヤしている人も転職エージェントと話すと方向性が見えることが多いので、どんな案件があるのか、またどんなキャリアプランを描いていけばいいのか?だけでも相談してみてはいかがでしょうか。

 公式サイトから今すぐ登録!

 

こちらの記事もよく読まれています

更新日:

Copyright© 【経理転職コンシェル】エージェント比較から体験談、ランキングまで経理転職の全て , 2018 All Rights Reserved.