経理未経験から就職・転職、経験者のキャリアアップのための転職など経理転職のノウハウを全て大公開していきます

【経理転職コンシェル】エージェント比較から体験談、ランキングまで経理転職の全て

営業から経理へ転職・就職|ノルマが嫌になった人は経理がおすすめな理由

こちらの記事もよく読まれています

営業職でノルマがきついとお悩みの人は多いと思います。この記事を読んでいるあなたも営業職でノルマがキツく毎日会社を辞めたい、かと言って明確にやりたいこともないと悩んでいるのかもしれません。

実はそんな人にこそ、経理への転職をおすすめしたいのです。

この記事では「営業職が向いていないと感じている人が経理に転職するための就職・転職する方法」をお伝えしていきます。

 

営業が向いていない、辞めたい。そんなあなたに経理への転職をおすすめする理由

営業に向いていないなぁ、辞めたいなぁと思っている人におすすめしたいのが、経理への転職です。その理由を以下に説明していきます。

見出し(全角15文字)

  1. 経理は営業と異なりノルマが無い
  2. お客さんの都合で休みが潰れることがない
  3. 営業より飲み会や接待が少ない
  4. 自分の時間をコントロールできる
  5. 自分の好きではない商品を無理やり売る必要がない
  6. 営業で培ったサービス精神やスキルを活かしやすい
  7. 他の会社でも活かせるハードスキルが身につく
  8. 給与が安定している

経理は営業と異なりノルマが無い

経理と営業との最大の違いは、ノルマが無いということでしょう。上司からノルマが達成できなかった時に詰められる経験がある人は、このメリットがどんなに大きいかわかるはず。

営業だと、自分がいくら売上を上げたかということが定量的にわかってしまうので、ノルマという考え方が浸透していますが、経理は法令や経営陣からの要請により実施している業務が多く、定量評価が難しいのです。

だからと言って全く数値目標がないのかというと、業務の効率化で一定の数値目標を立てることはありますが、効率化にも限界がありますので、営業よりは格段にマイルドな数値目標になります。

お客さんの都合で休みが潰れることがない

経理のお客さんは誰かと考えた時に、真っ先に上がるのが経営陣や営業部門の人など社内の人間です。そのため、お客さんからの急な要求などで、予定していた急かが潰れるということは基本的にはありません。

また、接待ゴルフに付き合う必要もほとんどありませんから、土日はに休むことが可能です。

営業より飲み会や接待が少ない

営業部門は、お客さんとの関係性を維持することが大事な仕事ですから、飲み会や接待なども頻繁にあります。一方経理部門は、関連する人がそこまで多岐にわたることが少ないため、飲み会や接待などはほとんどありません。

そのため、平日でも比較的早く家に帰ることができます。上述したように土日もしっかり休めますから、家族と過ごす時間や自分の時間を多く取ることができます。仕事だけでなく「ライフ」の部分も充実させたいという人には大きなメリットですね。

自分の時間をコントロールできる

経理はどちらかといえば職人よりの業務なので、一人一人の業務分担がしっかりと決まっていることが多いです。そのため、自分の仕事さえしっかりやっていれば、他の人の業務が降ってくることはあまりありません。

そのため、自分の仕事量と進捗をうまく管理することで計画的に休みを取ったり、この日は早く帰る日と決めることもできます。

自分の時間をコントロールしやすいのが経理の特徴なので、平日に習い事をしている人も多くいます。

自分の好きではない商品を無理やり売る必要がない

営業は、自社の商品を売り込むことが必要です。時には競合相手の商品と比較すると明らかに劣った商品を売らなければならない場合もあります。

お客さんのことを本当に考えたら競合相手の商品の方が良いけど、生活するためには自社の商品を売らなければならないという葛藤に悩む人も多いですよね。

経理であれば、売らなくてはならない商品は存在しないので、お客さん=経営陣に自分が思う最高の資料を提出することができます。

営業で培ったサービス精神やスキルを活かしやすい

また、営業職経験者は経理に転職した場合、営業時代の経験やスキルが活かしやすいというメリットがあります。

営業はお客さんのことを第一に考える必要がありますが、経理だけ経験してきた人はその観点が欠落しがちです。他部門に資料をお願いすることが経理では多いのですが、その際にもうまくコミュニケーションをとることでスムーズに仕事を進めることができます。

また、これからの経理では、より一層コミュニケーション能力が重視される時代になりますから、営業で培ったスキルをもっと活かせる場面が出てくるはずです。

関連記事
現役経理が経理職に向いている性格・特徴を公開していくよ!経理は向き不向きが大きい職種

こちらの記事もよく読まれています 注目記事 経理に強い転職エージェントのおすすめを比較してランキング 未経験からホワイト経理に就職・転職する方法 会計士の転職エージェントランキング|監査法人を辞めたい ...

他の会社でも活かせるハードスキルが身につく

営業だと、そこで身につけた知識の多くが自社特有のものであるため、同じ営業職で転職する際にはまた一から勉強をし直す必要があります。

この点経理では、一定の基準に基づいて業務を進めていくことになりますから、他の企業でも使える知識が身につきます。

経理で転職する際には、その知識を活かしてキャリアアップすることができますから、営業よりも階段を登っていきやすいのです。

関連記事
経理から異業種へ!経理の知識・経験を活かして活躍できる転職先9選

こちらの記事もよく読まれています 注目記事 経理に強い転職エージェントのおすすめを比較してランキング 未経験からホワイト経理に就職・転職する方法 会計士の転職エージェントランキング|監査法人を辞めたい ...

給与が安定している

営業では、成果に応じた給与を取り入れている企業が多いと思います。これは営業成績というものが定量的に評価ができるためで、多く売上を上げた人と少ない売上の人が同じ給与はおかしいからですね。

そのため、営業職では給与が売上に左右される部分が大きく場合によっては給与が安定しないというデメリットがあります。

経理では、成果給がない代わりに安定した給与を得ることができます。良くも悪くも安定していますので、ガツガツ稼ぎたいという人には向かないかもしれません。

しかし一方で、専門性を高めていくことで着実に給与もアップしていきますので、外部環境に左右されにくいと言えるでしょう。

関連記事
経理転職で年収はどうなる?経理の平均年収と年収アップの秘訣を公開

こちらの記事もよく読まれています 注目記事 経理に強い転職エージェントのおすすめを比較してランキング 未経験からホワイト経理に就職・転職する方法 会計士の転職エージェントランキング|監査法人を辞めたい ...

 

営業より経理の方が安定したワークライフバランスを送れる

ここまで見てきたように、営業職と経理職を比較してみると「営業より経理の方が安定した生活を送れる」ということが言えます。

バリバリ働いてガツガツ稼ぎたいという人には営業の方が向いていると言えますが、ワークライフバランスも重視したい、仕事だけが人生じゃないよね、もっと子供と過ごす時間を多くしたい。という人は経理の方がそれを実現できる可能性が高いでしょう。

安定しており自分の時間もコントロールできる、給与もまあまあ、ということで非常にコストパフォーマンスに優れている職種と言えるのではないでしょうか。

「安定した生活を送りたい」

この言葉に何か感じることがある人、ノルマが辛くて毎日仕事を辞めたいと考えている人は、ぜひ一度経理への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事
経理のワークライフバランスと繁忙期|残業の少ない会社が増えている今こそ転職のチャンス

こちらの記事もよく読まれています 注目記事 経理に強い転職エージェントのおすすめを比較してランキング 未経験からホワイト経理に就職・転職する方法 会計士の転職エージェントランキング|監査法人を辞めたい ...

 

営業が未経験から経理へ転職することは可能

「でも経理なんて全くやったことが無いのに正社員に転職することなんてできるの?」
「未経験でも採用してくれる企業なんてブラックなんじゃないの?」

と疑問に思うかもしれません。

確かに経理の転職市場では経験者が圧倒的に優遇されます。全くの未経験から正社員として経理に転職することは簡単なことではありません。

しかし営業経験があれば、コミュニケーション能力が評価されること、その業界に関する知識が豊富であるという評価になることから、未経験でも経理正社員に採用される可能性は十分にあります

ここからは具体的な求人の探し方をお伝えしていきます。

 

営業から経理へ!未経験者の求人3つの探し方と注意点

未経験から正社員求人を探す方法としては、主に以下の3つが挙げられます。

見出し(全角15文字)

  1. ハローワークでお役所仕事の職員から紹介を受ける
  2. 転職サイトを見て、公開されている案件を選んで自分で応募する
  3. 転職エージェントに相談をして非公開案件を含めた中から自分に合った企業を紹介してもらう

結論から言えば、転職エージェントに相談して自分にあった企業を紹介してもらうのが正解です。

未経験から経理の正社員になるのは簡単なことではありません。

ハローワークや転職サイトを見て、自分で応募して簡単にホワイト企業が見つかる、そんな甘い話はありません。

自分一人で見つけられるものではないと割り切って、転職に詳しい人、ホワイト企業に詳しい人の力を借りるために行動しましょう。 

 

1. 未経験からホワイト企業の経理を目指すならハローワークは避ける

未経験から仕事を探す時に「まずはハローワークに行ってみよう」と考えてしまう人も多いかもしれませんが、ハッキリ言ってしまうと、ハローワークはブラック企業など質の低い求人が多く、利用はおすすめできません。

ハローワークには、

  • 求人の掲載に料金がかからないため費用をかけずに採用したい企業が集まる
  • 求人に年齢制限がないため、企業と求職者のミスマッチが生じやすい
  • 誰でもできる仕事が中心のため、給料が低い求人が多い

といった特徴があるんです。

何より致命的なのが、求人票に記載されている内容と実情が違うパターンが多いということ。

ハローワークはあくまでも職業を紹介する機関に過ぎないので、求人票に記載されている内容の真偽を確かめてはいないのです。

なので、実際に入社してみたら、求人票に記載されていた仕事内容と全く違う内容の仕事をする羽目になった、残業時間が多かった…なんてことも頻発しています。

例えば、NHKニュースの「おはよう日本」でも取り上げられていた話を紹介します。

・“実際と異なる条件で…” 求人トラブルの実態

「自動車整備やタイヤの販売」で正社員、地元勤務という求人内容だったはずが、蓋を開けてみると、何と割り当てられたのは「派遣社員の管理と営業」、勤務地も地元から車で1時間半の場所だったということ。

このように質の悪い「ブラック求人」が多く存在しているのがハローワーク。厚生労働省の調査によれば、毎年4,000件前後も「求人票と実際の労働条件が違った」という相談が寄せられているそうです。

もちろん中には質の良い求人があることも事実ですが、それを見抜く眼力が必要ですし、ハローワークに行ったタイミングで運よく出会える可能性も低いです。

今や民間の優秀な就職・転職支援サービスが充実していますので、本当に職が見つからない人以外はハローワークを利用する必要はありません。

2. 求人サイトや転職サイトの多くはブラック企業と思え!

また、ハローワーク以外でも、「経理 未経験 求人」なんてキーワードで検索を行って上位に出てくるリクナビNEXTやエンジャパン、Indeedなどの求人サイトを使って仕事を探そうと考える人も多いと思いますが、これもおすすめできません。

ハローワークよりはまだマシだと思いますが、求人サイトで「未経験歓迎」と募集している企業は要注意。ブラック企業の可能性が高いです。

ブラック企業だからどんどん人が辞め人手不足に陥り、求人サイトにお金を払って求人情報を載せていると考えられます。

もしかしたら、実際は全然違うかもしれませんが、これくらいの考えで求人サイトを利用しないと、まんまとブラック企業に誘い込まれてしまう可能性が高いんです。

関連記事
転職サイト・求人サイト経由での応募はおすすめしない|転職サイトは転職価値を知るだけ、本気なら転職エージェントに頼ろう

こちらの記事もよく読まれています 注目記事 経理に強い転職エージェントのおすすめを比較してランキング 未経験からホワイト経理に就職・転職する方法 会計士の転職エージェントランキング|監査法人を辞めたい ...

求人サイトにお金さえ払えば求人情報は掲載できますから、とても魅力的な求人票も本当かどうか疑ってかかることが大切です。

  • 経理だと思って入ったら、ただの雑用
  • 残業が異常に多く、育児と両立できない
  • 女性が働きやすい制度が全く存在しない

こんな企業で働くことになってしまったら、嫌ですよね。ちょっと検索して良さそうな求人に応募してみる、それはブラック企業への入り口かもしれません。

簡単に良い企業は見つからない

そう考えて行動するようにしましょう。特にブラック企業を避けて未経験から経理で正社員に採用されるのはそんなに簡単なことじゃありませんそのことを良く覚えておきましょう。

関連記事
【経理ホワイト就職術】経理ブラック企業の見抜き方をズバッと解説!

こちらの記事もよく読まれています 注目記事 経理に強い転職エージェントのおすすめを比較してランキング 未経験からホワイト経理に就職・転職する方法 会計士の転職エージェントランキング|監査法人を辞めたい ...

 

経理未経験でもホワイト企業に入社ために「経理+未経験就職・転職」をわかっているプロのアドバイスを受ける

経理未経験の私がいきなり経理として働いて大丈夫だろうか?そもそもどんな仕事をするんだろう?自分にできるのかな?と不安に感じる人も多いと思います。

なので経理に興味がある人は、「経理業界と未経験の就職・転職事情」について詳しいプロにアドバイスを受けながら就職・転職活動を行うことをおすすめします。

具体的には「転職エージェント」を利用することですね。

転職エージェントを使うと転職活動をラクに進めることができるんですけど、それは以下のようなメリットがあるからです。

  • あなたの将来のキャリアプランを相談してくれる
  • あなたの希望に沿った会社をマッチングしてくれる
  • 求人サイトには決して公開されない非公開案件を紹介してくれる
  • 求人票には記載されていない会社情報が手に入る
  • 企業に直接聞きづらいこともエージェント経由で質問できる
  • 応募書類(履歴書・職務経歴書)の添削を丁寧にしてくれる
  • 応募企業の過去質問事例を保有しており有効な面接対策をしてくれる
  • 面倒な面接のスケジュール調整をあなたの代わりにやってくれる
  • 給与交渉をあなたの代わりにやってくれる

自分でやると面倒臭いし、どうやっていけば良いかわからないことを全て完全無料でやってくれるので、転職エージェントを使わない手はないんですね。

転職エージェントというと、色々な案件を紹介して「さぁさぁ転職しようぜ!」と半ば強引に転職を勧めてくる人というイメージがあるかもしれませんが、全然そんなことはありません。

中にはそんな転職エージェントもあるかもしれませんが、優良な転職エージェントは、あなたの希望をしっかりと聞き、自分に合う職場を提案してくれます。

転職エージェントの何が良いって、「求人先の人事担当者から生の声を聞いている」こと。求人票だけではわからない、本当の職場環境や求人背景などを細かく把握しており、あなたの志向や性格に合う職場を紹介してくれる訳です。

ハローワークや求人サイトみたいに自分で「良さそう」な求人を選んで応募する必要もない上に、「良い」求人を紹介してくれる可能性が高いので、よっぽど効率的に優良案件を探すことができます。

 

経理未経験者の転職エージェント選びのポイント・手順

転職に詳しい人のアドバイスを受けながら転職活動を進めていけば良いことはわかったけど、ネットで調べるといっぱい出てくる。一体どれを選べばいいの?と迷っている人へ、未経験者が選ぶべき転職エージェントの特徴を紹介していきますね。

未経験応募OKの経理求人の保有数が多い

上述したように、経理は経験がものを言う部分が大きいので、未経験でも応募可能な案件はあまり多くないのが実情です。

そのため、あまり有名でない転職エージェントを選んでしまうと、未経験でもOKな案件自体を保有していないこと自体も多いです。せっかく面談したのに「紹介できる案件はありません」と言われてしまう可能性もあんるんです。

そのため、できるだけ未経験案件が集まってくる転職エージェントを使うと良いでしょう

「MS-Japan」や「ジャスネットキャリア」など、管理部門に特化している転職エージェントは、専門職の採用に関しては独占案件があったり特命案件があったり非常に強いのですが、未経験からの経理転職では特に使うメリットはありません。

自己PRや志望動機を正しくアドバイスしてくれる

経理は専門職ですから、やはり即戦力の人が優先して採用される傾向にあります。その中で未経験でもOKという案件がある場合に重視されるのが、やる気や性格など人物面での評価です。

採用側から見た場合、実務経験がある人であれば、その人がやってきた業務を見れば自分の会社が欲しい人材かどうかを判断することができるのですが、実務経験がない人の場合には、自己PRなど候補者の人物面での評価でしか採用の合否を判定することができません

そのため、どのように自己PRをしていくかということを正しくアドバイスしてくれる転職エージェントを使うことが大切なのです。

特に営業から経理という一見全く違ったフィールドに転職するわけですから、経理と今までやってきたことをうまく結びつけて自分の強みを見つけ出すことが必要です。

そのお手伝いをしてくれる転職エージェントを選べるかどうかがポイントです。

未経験から経理の正社員への転職支援実績があり、ノウハウとして蓄積されていることは大きなメリットです。

重要なのは信頼できるコンサルタントであること

最後に転職エージェントを選ぶたった最も重要なポイントをお伝えしますね。それは、

あなたに合った担当者に出会うこと

です。

合わない担当者に転職活動をサポートしてもらうと、手間が増えるばかりか、場合によっては転職の足枷となることすらあります。

なので、相性の良い担当者に出会えるかどうかは、転職活動を成功させるための重要なカギとなるんです。

相性の良い担当者に出会うための3ステップ

相性の良い担当者に出会うためには、以下の3ステップに沿って転職エージェント選びを進めていくことをお勧めします。

見出し(全角15文字)

  1. 転職エージェントに複数登録する
  2. 登録したエージェントと面談を行う
  3. 自分に合う担当者がいるエージェントを1〜2社選ぶ

ここで転職エージェントを適当に選ぶと、ブラック企業を紹介されたり、いつまで経っても応募企業に合格できなかったり、入ってからめちゃめちゃ後悔する可能性もありますから、転職エージェント選びだけは慎重にやりましょう!

 

営業から経理に就職・転職するために利用すべき転職エージェントランキング

1位 就職Shop:社会人経験が少ない経理未経験者におすすめ

  • 全くの経理初心者でも経理に就職・転職したい20代
  • ブラック企業は避けてホワイト企業でまったりと働きたい人
  • 経理としてキャリアの第一歩を踏み出したい人

経理未経験でもブラック企業を回避してホワイト企業の正社員として働きたい!社畜として使い倒される働き方なんかしたくない!という人には「就職Shop」がおすすめです。

紹介される求人は全て就職Shopが訪問して取材を行った企業。そのため、企業の残業時間や人員募集の背景など私たちが知りたい情報を嘘偽りなく教えてくれるのです。

それだけでもブラック企業に入社する確率がグッと低くなります。

あまり有名ではありませんが、あのリクルートが運営している転職エージェントですから信頼性も十分ですね。

「銀座」「新宿」「立川」「横浜」「千葉」「大宮」「大阪」「三ノ宮」「烏丸」と関東だけでなく関西にお住いの人でも利用できる便利さが魅力です。ブラック企業を避け、未経験から経理に正社員として働き始めたいという人はぜひ一度就職ショップに相談してみてはいかがでしょうか。

 

2位 DODA:未経験OKの案件保有数とサポート体制が充実の総合転職エージェント

  • 豊富な未経験案件から選びたい人
  • 自己PRや志望動機をどうすればいいかわからない人
  • ハズレが少ない安定した転職エージェントを頼りたい人

未経験案件数で国内トップクラスなのが、「DODAエージェントサービス」。単純な案件数で言えばリクルートエージェントの方が多いのですが、転職社満足度No.1を謳っている通り、転職支援サービスの質が高いことが特徴です

未経験からの経理正社員採用の壁となる、自己PRや経理の志望理由といった転職サポートも丁寧に実施してくれますので、未経験の人には頼れる転職エージェントとなっています。

単に案件を進めてくるだけでなく、案件の質も高いので、未経験からの転職活動であっても安心して進めていける点が魅力的ですね。

 

3位 パソナキャリア:派遣の延長線で未経験の経理案件に強い。全国対応なのも魅力

  • 営業などの他の職種から経理にキャリアチェンジしたい人
  • 初めての転職活動で手厚いサポートを受けたい人
  • 経理に強い独占案件に興味がある人

とにかく転職候補者に対するサポートが手厚いことで有名なのが「パソナキャリア」。現職で行っている経験と経理業務をうまくリンクさせて、未経験でも合格する応募書類に磨き上げるアドバイスを受けることができます。

企業に対して転職候補者の強みをうまく伝えてくれること、また今までパソナグループが勝ち取ってきた信頼性が高いことから、年収アップ率が高いのが特徴です。

取り扱い求人別の職種比率を見ると「管理部門」の割合は12.4%ですが、パソナグループは元々派遣業をスタートとしていることもあり、その延長線上で経理業界に強いのです。派遣で培ったノウハウを未経験での正社員経理就職・転職に活かしてくれます。

総合転職エージェントに分類される中では、一番未経験の経理正社員就職に強い転職エージェントです。

第1位の就職Shopは関東及び関西しか対応していませんが、パソナキャリアであれば「北海道」から「沖縄」「海外」に至るまで転職支援サービスを受けることができますので、就職Shopのサービスが受けられない地域の人には最善の選択肢となることでしょう。

 

4位 ハタラクティブ:他のエージェントに断られてしまった人におすすめ

  • 20代のフリーターまたは社会人経験が浅い人
  • 将来のキャリアプランなどカウンセリングを重視したい人
  • 未経験からの経理正社員の独占案件に興味がある人

20代でフリーターや異職種から経理の正社員を目指したいという人におすすめなのが「ハタラクティブ」。

これまで未経験転職者の支援実績は約60,000人以上という未経験転職専門の転職エージェントでNo.1の実績を誇っています。

ハタラクティブでは、独自の求人を持っているだけでなく、未経験でも正社員として登用されるためのノウハウを持っており、書類面接などの転職サポートも丁寧に行ってくれます。

その結果、書類審査通過率は91.4%、内定率は80.4%と物凄く高い数値を叩き出しているのです。

ハタラクティブで就職に成功した人の就職先企業規模割合を見てみると、8割以上が資本金1億円以上の中堅会社または上場企業に決まっています。

割と企業規模が大き目の会社で働きたいという希望がある人にはぴったりですね。

ただ、支店が「渋谷」「池袋」「秋葉原」「立川」と面談場所が東京に集中している関東限定のサービスですので、地方に住んでいる人は就職Shopまたはパソナキャリアを利用するといいでしょう。

 

営業から経理へ!ホワイト企業に就職・転職する方法まとめ

この記事のまとめ

  • 営業が向いていない、辞めたい。そんなあなたに経理への転職をおすすめする理由
    ・経理は営業と異なりノルマが無い
    ・お客さんの都合で休みが潰れることがない
    ・営業より飲み会や接待が少ない
    ・自分の時間をコントロールできる
    ・自分の好きではない商品を無理やり売る必要がない
    ・営業で培ったサービス精神やスキルを活かしやすい
    ・他の会社でも活かせるハードスキルが身につく
    ・給与が安定している
  • 営業より経理の方が安定したワークライフバランスを送れる
  • 営業が未経験から経理へ転職することは可能
  • ・コミュニケーション能力と業界知識を活かして活躍できる
  • 営業から経理へ!未経験者の求人3つの探し方と注意点
    1. 未経験からホワイト企業の経理を目指すならハローワークは避ける
    2. 求人サイトや転職サイトの多くはブラック企業と思え!
  • 経理未経験でもホワイト企業に入社ために「経理+未経験就職・転職」をわかっているプロのアドバイスを受ける
  • 経理未経験者の転職エージェント選びのポイント・手順
    ・未経験応募OKの経理求人の保有数が多い
    ・自己PRや志望動機を正しくアドバイスしてくれる
    ・重要なのは信頼できるコンサルタントであること
    ・相性の良い担当者に出会うためには複数のエージェントを利用すべき
  • 営業から経理に就職・転職するために利用すべき転職エージェントランキング
    1位 就職Shop:社会人経験が少ない経理未経験者におすすめ
    2位 DODA:未経験OKの案件保有数とサポート体制が充実の総合転職エージェント
    3位 パソナキャリア:派遣の延長線で未経験の経理案件に強い。全国対応なのも魅力
    4位 ハタラクティブ:他のエージェントに断られてしまった人におすすめ

営業が嫌だ、ノルマが嫌だ、向いていない、辞めたい、と思っているのであれば、経理という道を考えてみてはいかがでしょうか。

営業で培ったスキルやコミュニケーション能力は経理でも活かすことができますし、営業が向いていないと感じるのであれば、経理に向いている可能性が高いです。

「人と話せる経理」というのは意外と少ないので、そこが営業経験者の強みにもなります。あとは実務経験を積みながら専門知識を磨いていけばすぐにキャッチアップすることもできますので、そこまで心配する必要もありません。

ワークライフバランスが整った環境で、安定した生活を送りたい。子供や愛する人と過ごす時間をもっと増やしたい。趣味に充てる時間がもっと欲しい。

何かを変えたいなら行動が必要です。

まずは面倒臭がらずに、一度転職エージェントに相談してみましょう。

 公式サイトから今すぐ登録!

 

こちらの記事もよく読まれています

更新日:

Copyright© 【経理転職コンシェル】エージェント比較から体験談、ランキングまで経理転職の全て , 2018 All Rights Reserved.