経理未経験から就職・転職、経験者のキャリアアップのための転職など経理転職のノウハウを全て大公開していきます

【経理転職コンシェル】エージェント比較から体験談、ランキングまで経理転職の全て

経理から異業種へ!経理の知識・経験を活かして活躍できる転職先9選

こちらの記事もよく読まれています

「今までの経理知識・経験を活かせる違う仕事を教えてください!」

転職活動を始めたい!でもどんな仕事がやりたいかが明確ではなく、漠然と「ちょっと違う仕事がやりたいなぁ」と思うことはありませんか?

経理もやりがいのある仕事。でも経理の知識や経験を活かせる他の仕事も検討して、広い選択肢の中から本当に自分のやりたいことを探したいですよね。

ということで、この記事では、意外と知られていない「経理の知識や経験を活かして活躍できるフィールド」を紹介していきたいと思います。

 

経理の知識・経験が活かせる転職先候補の異業種9選

経理の経験を活かして活躍できるフィールドを9つピックアップしてみました。こんな可能性もあるんだなぁというのを実感してもらえたら嬉しいです。

 

【経理の転職先1】会計コンサルティングファーム

  • おすすめな人:会計課題の解決に取り組んだ経験のある人
  • 活かせる経理知識:専門知識、コミュニケーション能力、課題解決能力

経理として会計問題に取り組んだ経験のある人におすすめなのが、会計コンサルティングファーム。

仕事内容は幅広く、

  • M&Aのサポート(財務デューデリジェンス)
  • 決算早期化
  • 国際財務報告基準(IFRS)導入サポート
  • 新しい会計基準の影響調査
  • 各種会計課題の解決

などなど。中には、決算の時にだけ会社に訪問し、決算を正しく締めることをサポートする仕事もありますよ。

経理の仕事は、その企業のためだけに行うものですが、色々な企業の会計的問題を一緒になって解決していくところにやりがいがあります。

 

【経理の転職先2】IR・広報

  • おすすめな人:コミュニケーションを取るのが好き、数値の分析が好きな人
  • 活かせる経理知識:開示周りの知識

企業の状況を正しく投資家や関連する人に伝える役割を果たすIRや広報も経理で培った経験や知識をフルに活かせる職種です。

企業の財務諸表は企業活動の積み上げですので、財務諸表の内容を正確に理解し、わかりやすく伝えるためには経理知識が不可欠なんです。

投資家や銀行など、多くの人とコミュニケーションをとっていくことになりますので、人と話すことが好きな人にはおすすめです。

また、海外展開している場合には、海外投資家とのコミュニケーションが発生しますので、英語を使った仕事がしたい!という人も候補の一つになるでしょう。

 

【経理の転職先3】経営企画

  • おすすめな人:経営的な視点から仕事がしたい人
  • 活かせる経理知識:予実算分析などの管理会計知識

経理よりさらに経営的な視点に立った仕事をしたい人におすすめなのが、経営企画です。会社によって経営企画がやっていることは違いますが、「経営者の方針を実務に落とし込む仕事」です。

予算を策定したり、中長期の経営計画を作成することになりますが、正確に将来起こりうる影響を把握する時に経理知識が役立ちます

制度会計よりは管理会計の仕事をやってきた人はスムーズに業務に入れることが多いようです。

 

【経理の転職先4】営業

  • おすすめな人:大幅なキャリアチェンジを望む人
  • 活かせる経理知識:数字への感度、コミュニケーション能力

経理から営業って全然違う職種で、経理の知識や経験なんか役に立たないと考える人も多いようですが、営業でも経理の知識は活かせます。

例えば、営業では、得意先へ商品提案のプレゼンをすることになりますが、その商品を導入すると、他社の製品よりどのくらいコストが低減できて、どのくらいの利益を生み出すのかといった、定量的な説明が論理的にできるようになります。

「とにかく熱意だけはありますので買ってください!」という営業より説得力のあるプレゼンができますよね。特に取引先の幹部になればなるほど「会社の利益になるかどうか」をシビアに見てきますから、数字に強いというのは非常に大きな武器になります。

全然違う仕事がしたいなぁという大幅なキャリアチェンジを考えている人におすすめです。

 

【経理の転職先5】ベンチャー企業のCFO候補

  • おすすめな人:会社を経営する側に回りたい人
  • 活かせる経理知識:専門知識、幅広い業務経験

経理という一部門ではなく、数字を通して会社全体をマネジメントしていきたいという人におすすめなのがベンチャー企業のCFOです。

いきなりCFOに抜擢されるというのは余程の実績がないとダメですが、特に中小企業の経理経験が豊富で、幅広い業務を一通り経験した人であれば、その経験を元に業務を進めていくことができます。

当然ですが、会社幹部になった場合には、自ら課題を見つけてそれに取り組む自主性が求められることになります。

 

【経理の転職先6】会計システム会社

  • おすすめな人:システムに強い人
  • 活かせる経理知識:経理の専門知識

システムに興味があり、経理とシステムに強いという人におすすめなのが、会計システム会社への転職です。

経理として働いた経験をもとに、会計システムの開発や顧客サポートを行うとユーザーに喜んでもらえます。

結局、会計システムは経理の人が使うことになるので、経理として実際に働いた経験があるのは大きなメリットになります。

会計システム会社としては以下の会社が挙げられますので、興味がある人は検討してみても良いでしょう。

  • 弥生会計
  • freee
  • マネーフォワード
  • sap
  • オービック
  • ディーバ
  • 電通国際情報サービス
  • スーパーストリーム

 

【経理の転職先7】開示支援会社

  • おすすめな人:開示経験がある人、開示支援会社の利用経験がある人
  • 活かせる経理知識:開示に関する専門知識、コミュニケーション能力

経理業務の中で、決算短信や有価証券報告書などの開示業務を経験した人が活躍できる転職先として挙げられるのが、開示支援会社です。

主な開示支援会社としては、以下の2つが挙げられます。

  • プロネクサス
  • 宝印刷

開示支援会社は、文字どおり会社が開示を行うのを支援する会社で、有価証券報告書に記載漏れがないかをチェックしたり、開示に向けたスケジュール調整を行ったりすることです。

頻繁に改正される開示項目に関して高いアンテナを張ることと、多くの企業の開示をサポートすることになりますので、コミュニケーション能力が要求されます。

 

【経理の転職先8】会計事務所・税理士事務所

  • おすすめな人:税務や会計アドバイスに興味がある人
  • 活かせる経理知識:税務の専門知識、コミュニケーション能力

会計事務所や税理士事務所で、記帳代行をしたり、税務的なアドバイスを行ったりするのも経理の知識や経験を存分に活かせます。

特に税務アドバイスが中心となる会計事務所や税理士事務所が多いので、税務に携わった経験のある人におすすめです。

また、一人で何社も担当することになるのが一般的ですので、人とコミュニケーションを取るのが得意な人ほど向いているでしょう。

 

【経理の転職先9】日系会社海外子会社の現地採用

  • おすすめな人:海外で働きたい人
  • 活かせる経理知識:日本基準及びIFRSの会計知識

「英語を使って、海外で働きたい」という人には、日系会社の海外子会社での現地採用枠に応募するというのも一つの手です。

日系企業の海外支社で、経理要員の確保が課題となっている会社は意外に多く、転職エージェントに聞いてみると割と多くの案件を紹介してもらえます。

現地での財務諸表は現地の会計基準で作成し、親会社向けの報告は日本基準に組み替えた上で報告している会社が多いので、日本基準だけでなく、IFRSの会計知識を持っていると有利です。

 

経理から異業種に転職するには転職エージェントを使おう

  1. 経理から経理に転職する
  2. 経理から異業種に転職する

これら2つを比較した場合に、難易度が高いのは当然ながら「経理から異業種に転職」する場合です。なぜ経理ではなく違う業種を志望するのかを明確にする必要があるからです。

なので、応募書類の書き方や面接時の受け答えもしっかりと対策した上で転職活動を進めていかないと失敗する可能性が高いのです。

そもそも経理だけの経験で応募できるかどうかも確認する必要がありますので、経理から異業種への転職を考えている場合には、必ず転職エージェントを利用するようにしましょう

以下の記事で紹介している転職エージェントは、経理から異業種への転職にも強いので、ぜひ一度相談してみてくださいね!

関連記事
経理に強い転職エージェントおすすめはここ!使った本音で比較してランキング

経理に強い使うべき転職エージェントは? このサイトについて このサイトでは、管理人が実際に利用した経験をもとに、経理の転職で本当に使うべき転職エージェントやキャリアアップを目指す人、未経験から経理を目 ...

こちらの記事もよく読まれています

更新日:

Copyright© 【経理転職コンシェル】エージェント比較から体験談、ランキングまで経理転職の全て , 2018 All Rights Reserved.