経理未経験から就職・転職、経験者のキャリアアップのための転職など経理転職のノウハウを全て大公開していきます

【経理転職コンシェル】エージェント比較から体験談、ランキングまで経理転職の全て

経理の転職活動に最適な時期は何月?求人が多く有利なタイミングを紹介

こちらの記事もよく読まれています

経理の転職をしたい!そう思ったとしても、いつ頃から転職活動を始めれば良いんだろう?また、今の仕事はどうすれば良いんだろう?など色々考えてしまいますよね。

 

転職活動をするにあたり、意外に重要となるのが、いつから本格的に転職活動を始めれば良いのかということ。経理の転職に適したタイミングってあるんでしょうか?

 

実は、転職活動には盛り上がる時期とそうでない時期があり、特に経理は季節労働者と言っても良いくらい繁忙期と閑散期の差が激しい職種ですので、企業の採用意欲も時期により左右されやすいんです。

 

 

当然と言えば当然なんですが、企業の採用意欲が高い時期であれば、

 

  • 選べる案件数が増える
  • 人手不足を解消しようと良い条件で募集をかけるケースも多くなる

 

と言った求職者にとってのメリットがありますから、転職活動を行うタイミングって結構重要なんです。

 

ちょうど経理の転職市場が盛り上がっているタイミングで転職活動を行うと、満足の行く転職が達成できる可能性も高い、というわけです。

 

ということで、この記事では転職の時期についてみていきましょう!

 

経理人材の求人が増える月ランキング

経理は忙しい時期が決まっているので、繁忙期に備えて求人も増えていきます。

 

他の職種よりもこの傾向は強く、1ヶ月活動期間をズラすだけで、紹介案件数が2倍になったという話もよく聞きます。

 

「じゃあいつ転職活動を始めりゃ良いの?」という疑問を持つ人のために、経理人材の求人が増える時期をランキング形式で紹介していきます。

 

1位:年度末決算前の1月〜2月が一番多い

一年のうちで、経理の求人が一番多く出るのは、1月〜2月です。

 

なぜなら、年度末決算に向けた人材を確保する必要があるため。日本企業は3月決算会社が多く、4〜5月の繁忙期に向けて採用を強化する、というわけですね。

 

4月入社を狙った採用が1月〜2月に増えるというのは経理の求人ならではの特徴とも言えますが、色々な案件から転職先を選びたい!と考えている人は、この時期は外さないように転職エージェントに登録をしておきましょう。

 

2位:決算と株主総会が落ち着いた6月〜7月も多い

年度末決算は株主総会が一区切りと考えている企業は多いです。株主総会が終わって初めて新年度に移行するイメージですね。

 

株主総会が終わった6月〜7月のタイミングでも経理求人は多く出てきます。

 

新年度を迎えるに当たり、新しい人材を獲得しようという意欲が高いことに加え、転職を考えている人が実際に転職活動を行うタイミングでもあるので、良い人材を取ろうと考えている企業が積極的に採用を行うためです。

 

経理人材が玉突きで移動していく時期ですので、年度末決算前ほどではありませんが、経理の転職市場が活発になります。

 

3位:1月入社狙いの10月〜11月も少なくない

次に経理求人が出やすいのは、1月入社を狙った10月〜11月です。

 

少なからず12月決算会社もあることに加え、第三四半期決算で一度慣らしてから年度末決算でバリバリ戦力として頑張ってもらいたいという意図を持っている企業の採用意欲が高まります。

 

通年で募集している企業も

中には通年で募集している企業もあります

 

これはスタートアップの段階にある企業や事業拡大の真っ最中である成長企業に多く、事業拡充に伴って経理部員も増員したいというニーズがある場合です。

 

こういった企業は良い人材がいればいつでも採用するというスタンスなので、上場準備企業やベンチャー企業などに興味がある人は、いつから転職活動を始めてもあまり大差はないと言えるでしょう。

 

転職エージェントには今すぐ登録しておくのが吉

経理求人が出やすい時期があるんなら、一番出やすい1月〜2月に転職エージェントに登録すれば良いじゃん!と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、少しでも転職を考えているのであれば転職エージェントへの登録は、すぐにでも登録しておいた方が断然良いです。

 

転職エージェントにすぐ登録しておいた方がいい理由

  1. 経理求人が多くなるタイミングでの登録だと出遅れる可能性がある
  2. 焦らず色々な案件を見ておくことで選球眼が良くなる

それぞれについて詳しく見ていきましょう!

 

経理求人が多くなるタイミングでの登録だと出遅れる可能性がある

経理求人が多くなるタイミングで転職エージェントに登録した場合の最大の欠点は、

 

転職エージェントとの面談が適時にできない

 

ということ。

 

経理求人が多くなるタイミングはライバルたちも行動を起こしているため、転職エージェントに駆け込む人が多くなります。

 

案件を紹介してもらうためには転職エージェントと面談する必要があるのですが、転職エージェント側のスケジュールを抑えることができず、適時に面談ができない…なんてことになります。

 

そうなると、どんどん良い条件の案件がライバルたちに取られていくのを指をくわえて見守るだけになってしまいます。

 

また、転職エージェントに案件を紹介されても、

 

履歴書や職務経歴書の準備に時間がかかって応募時期を逃してしまった

 

という声もよく聞きます。

 

経理求人の採用意欲が高い時期にスムーズに応募するためにも、早めに転職エージェントとの面談を済まし、転職エージェントと協力しながら応募書類を準備しておくようにしましょう。

 

参考記事第一印象で勝つ!経理転職を成功させるの転職履歴書の書き方【保存版】

参考記事【経理転職コンシェル式】他人と圧倒的に差がつく職務経歴書の書き方を実例を交えて紹介!

 

焦らず色々な案件を見ておくことで選球眼が良くなる

経理求人が盛り上がっている時期に転職エージェントに登録した場合、初めて案件を見ることになるにもかかわらず、急いで応募企業を選定する必要があります。

 

特に優良企業であるほど、すぐに枠が埋まってしまいます。

 

しかし、初めて紹介された企業が本当に自分にとって良い企業なのかをよく考える時間もないまま転職活動を進めて行くのは非常に危険です。

 

何が譲れない部分なのか?どんな企業が理想なのか?給与はどこまでなら妥協できるのか?など一つ一つ自分の転職軸を持ちながら企業を選んでいくのが失敗しない転職活動のコツの一つです。

 

色々な案件を見ることで、その自分の中での転職軸がだんだんできていくのです。

 

経理求人の多いタイミングでいきなり登録すると、その大切な過程を飛ばして会社を選び、息つく間もなく応募・面接をしていかなくてはいけません。

 

人生を変える決断なのに、怖くないですか?

 

転職エージェントに登録したからと言って、すぐに転職しなければならないというわけではないので、本当に納得した企業を選ぶためにも少し長いスパンで考え、色々な案件を見ることをおすすめします。

 

注意点は転職エージェントと密に連絡を取っておくこと

ただひとつ注意点があって、転職エージェントとは密に連絡を取り続けておく必要があるということです。

 

転職エージェント側もボランティアでやっているわけではないので、今すぐ転職したい!という候補者に優先的に案件を紹介していきます。

 

これはどうやっているかというと、転職エージェントには転職候補者がデータベース化されており、「最後にコンタクトを取った順」に並んでいるのです。

 

コンタクトを取らない=転職意欲が低い、または他のエージェントで転職が決まった

 

とみなされるため、案件の紹介順位も下がるのです。

 

定期的に転職エージェントに連絡を入れておくことで、常にデータベースの上位に居続けることができますから連絡は密に取るに越したことはありません。

 

また、転職エージェントには、「良いところがあれば今すぐにでも転職を考えている」と答えておくことも大切です。

 

この記事のまとめ

この記事のまとめ

  • 経理求人は1ヶ月ズラすだけで求人数が全然違う
  • 経理求人が出やすい時期ランキング
    ・1位:1月〜2月→年度末決算に向けた戦力補充
    ・2位:6月〜7月→経理人材の流動性が高まる
    ・3位:10月〜11月→第三四半期決算に向けた採用
  • 転職エージェントには今すぐ登録しておこう!
    ・経理求人が多くなるタイミングの登録だと出遅れる可能性がある
    ・応募書類の準備に意外と時間がかかる
    ・色々な案件を見ておくことで自分の転職軸が決まる
    ・自分の転職軸に沿った企業選びができる
    ・転職エージェントとは密に連絡を取っておくことが注意点

この記事では、経理求人が出やすい時期について説明してきました。

 

経理求人が多く出る時期に転職活動を始めるというよりは、

 

経理求人が出やすい時期に向けて入念に準備しておく

 

というのが、正しい転職活動のやり方です。

 

焦って人生を変える決断をするのではなく、転職で求める自分の軸を色々な案件を見ることで決めた上で、経理求人が多くなる時期に、豊富な案件の中から自分の軸に合う企業を選別する、というのが失敗が少ない方法です。

 

まずは転職エージェントとの面談を済ませること、転職エージェントに協力してもらいながら応募書類の準備することの2点だけはやっておくことをおすすめします。

 

関連記事【登録必須】使ってわかった経理に強いおすすめ転職エージェント6選

こちらの記事もよく読まれています

更新日:

Copyright© 【経理転職コンシェル】エージェント比較から体験談、ランキングまで経理転職の全て , 2018 All Rights Reserved.