経理未経験から就職・転職、経験者のキャリアアップのための転職など経理転職のノウハウを全て大公開していきます

【経理転職コンシェル】エージェント比較から体験談、ランキングまで経理転職の全て

現役経理が経理職に向いている性格・特徴を公開していくよ!経理は向き不向きが大きい職種

こちらの記事もよく読まれています

「自分は経理に向いていない性格なんじゃないかなぁ?」

現在経理職についている人はこんな感じのことを考えたことはありませんか?

また、経理の仕事に興味がある人は、

  • 自分って経理向きの性格なのかなぁ?
  • 経理ってどんな性格の人が向いているの?

と疑問に感じてこの記事を読んでいるのかもしれません。

実際私自身経理業務をやっていて、周りの人も見ていますが、経理って向き不向きが大きく出る職種なんですよね。

性格的に向いていないのに無理に経理を続けることはハッピーではありませんし、経理に興味を持っている人も先にザックリとでも経理に向いているか向いていないかは把握しておきたいところです。

この記事ではそんな人たちのために、経理に向いている人と経理に向いていない人それぞれの性格や特徴について考えてみたいと思います。

それでは早速いってみましょう!

 

経理に向いている人の性格・特徴8つ

まずは経理に向いている人の性格や特徴を紹介していきます。

1. コツコツ仕事に取り組むことができる人

経理はイメージ通り地味な作業が多い職種です。そのため、小さな目標を定めてそれに向けてコツコツ頑張っていける人が経理には向いています。

前期からの数値の増減分析であったり、予算と実績の差を調査したり、思った以上に細かい数値の検証をする必要があります。

2. 数字に強い人

数字に強いことも経理をやっていく上で必要となる能力です。これは、数字に対する感度が高い人とも言えます。

「売上規模はこのくらいだからこの得意先に対する売掛金残高はこれくらいだな」とか、「当期はイレギュラーな採用活動が発生したため、前期と比較すると人件費が増えているだろうな」といった風に数値の確からしさを瞬時に判断できる人は経理に向いています。

逆に数字を見るのも嫌だという人は経理をやっていくと苦痛に感じることが多いでしょう。

3. マルチタスク能力がある人

経理は色々な業務を同時に行う必要があります。一日の中でも問い合わせを行なっている最中に別を業務をやるということが頻繁に発生します。

そのため、一つのことしかできない人よりは一度に複数のことを同時並行でやっていくことができる人の方が経理向きです。

4. 論理思考力が高い人

経理は会計基準というルールに則って業務を進めていくことが求められます。そのため、過去に例のない事象が発生した時には、会計基準に照らして処理を決めるということになります。

その際に「会計基準の考え方はこうだから、このように処理すべきだ」というのを判断していく必要がありますし、場合によっては会計士とも議論をしていきます。

最近特にこの論理的思考力が経理にとって重要になってきており、ルーティンワークだけでなく非定型業務をどう解決していくかという場面も多く出てきます。

5. 会社にずっといても大丈夫な人

営業と違って経理は一日中ずっと会社にいるということもザラです。

そのため、外回りがしたい!という人やお客さん相手に積極的にプレゼンをしたい!という人は経理に窮屈さを感じることでしょう。

会社で腰を据えてじっくりと仕事を進めていきたいという人に経理は向いています。これはイメージ通りでしょうか。

6. コミュニケーション能力のある人

経理は内向的な性格な人が多いイメージがありますが、経理に向いている性格としてコミュニケーション能力が高い人が挙げられます。

経理は満遍なく他の部署の人と関わる部署です。また営業サポートしていく部門でもあるため、細かい気配りができる人の方が重宝されます。

あんまりイメージはないかもしれませんが、あっちこっち電話をかけるだけで一日が終わるということもあるくらい人との関わりが多い部署なんですよ。

7. 勉強するのに抵抗がない人

経理は常に新しい会計基準や税法改正などをキャッチアップしていく必要がありますので、勉強に抵抗がない人が向いています。

勉強が好き!というまでは求められませんが、好奇心と向上心があって、新しい知識を知ることに面白みを感じることができる人が合っています。

8. 大雑把な人

意外かもしれませんが、大雑把な性格の人が経理に向いていると言えます。

大雑把という言い方は適切じゃないかもしれませんが、細かい数値にこだわりすぎる人は経理に向いていないんですね。

一つ一つの数値にこだわるよりも、もう少し広い視点で見て、アドバイスをすることが求められることが多く、実は大雑把な性格の人の方が経理では必要とされています。

 

経理に向いていない人の性格・特徴

逆に経理に向いていない人の性格は、上述した経理に向いている性格の逆と思っておけば大丈夫です。

経理に向いていない人

  • コツコツと仕事に取り組むことが苦手な人
  • 数字を見るのが嫌な人
  • 一つの物事に集中しがちな人
  • 感覚で何でもやってしまう人
  • 会社にこもっているより外に積極的に出ていきたい人
  • 人とコミュニケーションを取るのが苦手な人
  • 勉強嫌いの人
  • 細かいところが気になってしまう人

こんな性格の人は経理に向いていないと考えられます。

上記に3つ以上に該当する人は経理ではない道に進んだ方がハッピーかもしれませんよ。

関連記事
経理が辛い・つまらない・辞めたい・向いていないと感じた時にすべきこと

こちらの記事もよく読まれています 注目記事 経理に強い転職エージェントのおすすめを比較してランキング 未経験からホワイト経理に就職・転職する方法 会計士の転職エージェントランキング|監査法人を辞めたい ...

経理に向いていないと思ったら

ここまで経理向きの性格や特徴について説明していきましたが、まとめておきます。

この記事のまとめ

  • 経理に向いている人の性格・特徴
    1.コツコツ仕事に取り組むことができる人
    2.数字に強い人
    3.マルチタスク能力がある人
    4.論理的思考力が高い人
    5.会社にずっといても大丈夫な人
    6.コミュニケーション能力のある人
    7.勉強するのに抵抗がない人
    8.大雑把な人
  • 経理に向いていない人の性格・特徴
    1.コツコツと仕事に取り組むことが苦手な人
    2.数字を見るのが嫌な人
    3.一つの物事に集中しがちな人
    4.感覚で何でもやってしまう人
    5.会社にこもっているより外に積極的に出ていきたい人
    6.人とコミュニケーションを取るのが苦手な人
    7.勉強嫌いの人
    8.細かいところが気になってしまう人

もしこの記事を読んでいるあなたが経理が向きの性格でないことに悩んでいる場合、それは本当に性格の問題なのか、もう一度考えてみましょう。

多くの場合、企業側にも問題があるんです。平たく言えば、あなたの勤めている企業は、ブラック企業なのかもしれません。ブラック企業であることに気づかず、自分自身の問題だと思い込んでいる可能性があるのです。

そんな時は、自分が経理として勤めている環境が他の企業と比較してどうなのか、一度確認してみると良いでしょう。「どうやって調べるの?」と疑問に思うかもしれませんが、やり方は簡単で、転職エージェントに聞く。シンプルにこれだけです。

転職エージェントは、他の企業の実情をよくわかっているので、今の会社の労働環境を話してみると、会社の問題なのか、あなた自身の問題なのかを特定してくれます

さらに会社の問題であれば適切な転職先を紹介してくれますし、あなた自身の問題であれば経理以外の可能性についても提案してくれるんです。

転職エージェントでは転職の押し売りはしてきませんので、利用しない手はないのです。もし本気で悩んでいるのであれば、一度転職エージェントに相談してみる価値はありますよ!

関連記事
経理に強い転職エージェントおすすめはここ!使った本音で比較してランキング

経理に強い使うべき転職エージェントは? このサイトについて このサイトでは、管理人が実際に利用した経験をもとに、経理の転職で本当に使うべき転職エージェントやキャリアアップを目指す人、未経験から経理を目 ...

こちらの記事もよく読まれています

更新日:

Copyright© 【経理転職コンシェル】エージェント比較から体験談、ランキングまで経理転職の全て , 2018 All Rights Reserved.