サイト修正・記事リライト方法|検索エンジンを攻略し成約率を高める基本

サイト修正

神崎
こんにちは、社畜キングダムの神崎です。

今回は、サイト修正・改善方法について説明していきます。これで「月10万稼ぐアフィリサイト作成講座」の幹となる部分の解説は完了します。

最後に説明するのがサイト修正。

悲しいことに、サイトを作っただけで後は放置しておけば稼げるという時代ではなくなってしまいました。

サイトを作った後に、検索エンジンの順位や検索クエリ、クリック率などの指標データを集めて、それを元に改善を続ける必要があります。

サイト修正を続けることで、

  • 検索エンジンの上位表示が可能になり、アクセスが増える
  • 訪問者の使いやすさを追求し、成約率が高まる
 

という2つの強力なメリットを得ることができます。

サイト修正はアフィリエイトで稼ぐためにめっちゃ大事になってきますから、ぜひ今までサイトを作ったら放置していたという人も参考にしてみて下さい。

サイト修正(リライト)を行うタイミング

サイトを作った後にサイト修正をやっていくのですが、そのタイミングはサイト作成から1ヶ月後を目安としましょう。

その理由は単純で、サイトを修正するためにはその元となるデータを蓄積させる必要があるからです。

大体1ヶ月もすれば改善するために必要なデータが集まりますので、まずサイトを作って1ヶ月は完全放置でOKです。

Googleサーチコンソールに登録しておこう!

サイト作成ご1ヶ月は完全放置で良いものの、データを集めるための仕組みに事前登録しておきましょう。

その仕組みがGoogleサーチコンソールと呼ばれるツールです。

>>Googleサーチコンソール

サーチコンソール(Search Console)は簡単に言えば、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスのことで、以下のような機能が利用できます。

  • ユーザーが検索時に入力した単語(クエリ)が分かる
  • ページ毎にクリックされた数が分かる
  • クリック率(クリック数÷表示回数)や平均掲載順位が分かる
 

この中でサイト作成に一番大切なのが、最初の「ユーザーが検索時に入力した単語(クエリ)が分かる」という機能。

このクエリというのは、ユーザーが検索エンジンに実際に打ち込んだ生の情報なんです。

このクエリをうまく活用することで、少ない記事数でも複数のキーワードで検索エンジンの上位表示が可能になったり、成約率を上げたりすることができるわけです。

1ヶ月もすればクエリが蓄積されていく

いきなり検索エンジン経由でのアクセスがくることはほとんどありませんが、自分のサイトが表示されたクエリ情報というのはどんどん蓄積されています。

実際に私が最近立ち上げたサイトの1ヶ月のサーチコンソールのクエリ情報はこんな感じですね。

まだまだ順位も表示回数もクリック数も少ないですが、確実にクエリが溜まってきているのがわかります。

1ヶ月や2ヶ月放置していけばどんどんクエリが溜まっていくのでこれを元に改善を重ねていくというわけですね。

サイト改善方法は「アクセスを増やす」「成約率を高める」の2つ

じゃあこのクエリを元にどうやってサイト改善をしていけば良いの?という話をしていきます。

サーチコンソールに登録してデータを集めているけど、それをどう活かせば良いかわからないという人。ブロガーやアフィリエイターの80%くらいちゃんと使えてません。

サイトを作って放置してしまう、または新規記事を公開し続けていき過去の記事には目もくれない人が多いので、このサイト改善方法を知っておくだけで上位20%に入れます。

で、「アフィリエイトで稼ぐ」という目的からいうと、サイト改善方法としては、大きく以下の2つに分けられます。

  • アクセスを増やすサイト改善
  • 成約率を高めるサイト改善
 

アフィリエイトで稼ぐために必要な方程式は

「見込客の集客」×「販売力

ですから、この両方を高めていくことで収益は右肩上がりになっていくという考え方です。

アクセスを増やすサイト改善

まず一つ目はアクセスを増やす改善方法。

つまり、集客のためにサイトをどんどん修正していくものです。

そもそも見込客が訪問してくれないといつまでたっても売れません。見込客を呼び込むために、見込客が検索してくるキーワードで上位表示をさせる必要があるんですね。

見込客が検索してくるキーワードで上位表示させ、見込客のアクセス数を増やすことを目的とした改善です。

キーワードが上位表示できていない初期に必要となります。

成約率を高めるサイト改善

2つ目が成約率を高める改善方法。

販売力を高めるという目的でサイトを修正していきます。

見込客が検索してくるキーワードで上位表示ができて実際にお客さんが記事を読んでくれたとしても、その記事を見て実際に行動してくれないと報酬をもらえません。

そこで、ユーザーを説得させる文章に改善したり、ユーザーが使いやすいようにしていくことで、成約率を高める必要があるんです。

アクセスが出てきたら成約率を極限まで高める改善をしていきます。

アクセスを増やす記事修正の具体的なリライト方法

サイトを訪問してくれるお客さんが来ないことには、どんなに心を動かす文章を書いても、成約までの完璧な道筋を用意しても全く無意味になってしまいますので、アクセスを増やすための施策をすることはとても大切です。

特にサイトを立ち上げ始めたばかりの頃はアクセスが全くない!ということも多々ありますからアクセスを集める記事修正を中心に行っていきましょう。

リライト対象とする記事

闇雲に記事を改善していっても効率が悪いので、アクセスを増やす記事の優先順位をつけていくと良いです。優先順位の決め方は先ほど紹介したサーチコンソールを使うと一発です。

順位は低いけど、表示回数が多い記事から修正していくのが正解です。

順位は低いにも関わらず、記事が表示されたということは、上位表示されれば爆発的なアクセスが取れる可能性があると判断できます。

ページ単位で修正する記事を特定した後は、そのページのクエリに対して同じように「表示回数は多いけど順位は低いクエリ」を特定します。

そのクエリ周りの内容を追記してあげたり、わかりやすいように図解してあげたりすることで、そのクエリの順位が上がっていきます。

アクセスを増やす分析のポイント

アクセスを増やすための記事修正にあたり、分析すべきポイントの例は以下の通りです。

  1. タイトルや見出しに入れてないのに上位に来ているキーワードは無いか?
  2. ライバルサイトにあって、自サイトにない内容は無いか?
  3. キーワードをタイトルに追加する余地はあるか?

このあたりを考えながら少しでも記事の評価を高められるようにしていきましょう。

成約率を高める記事修正の具体的なリライト方法

販売力を高めるための記事修正のポイントは、訪問してくれた人が「このサイトから買いたいなぁ」と思ってくれるよう、わかりやすく丁寧に使いやすい記事にしていくこと。

これに尽きます。何度も自分の文章を読んで記事をどんどん磨き上げていきましょう。

リライト対象とする記事

成約率を高めるための修正を行う対象となる記事は、以下の2つ。

  1. アクセスを取れている記事
  2. 販売のための売り込みを行う記事(キラーページ)
 

検索上位を取れており、アクセスが発生している記事ではそこからどのように販売までをつなげるかを考えていくことになります。

また、販売に直結する売り込みページは常に改善を行っていき、少しでも売れる確率を高めていくことを考えていきます。

成約率を高める分析のポイント

成約率を高める記事修正のための分析ポイントの例としては以下のものが挙げられます。

  1. アクセスが発生している記事から販売ページまでは無理のない流れになっているか?
  2. 紹介している商品は販売力の高い売れる商品か?
  3. 文字だけでなく画像や図解を使ってわかりやすく見やすいページになっているか?

ここに挙げたのはあくまで例であり、成約率を高める修正に終わりはありません

常に収益を最大化するためにはどのような改善をしていけばいいのか?テストを繰り返して最適解を見つける必要があります。

具体施策:ランキングの順位をABテスト

ランキングは1位を単価の高い商品にして2位や3位の商品は適当。こんな人も多いです。

が、これはもったいないです。訴求方法によっては2位や3位でも売れるので、しっかりここも刈り取れるようになりましょう。

ランキング全体として収益を最大化させるためのABテストを継続的に行う事で収益を最大化させていきます。

  • 2位や3位の商品を売るためにはどうしたら良いか
  • 収益が最大化するランキングはどの順番か

という2点を念頭にランキングページを修正していきます。

1位はある程度黙っていても売れます。2位以下の商品を売るためには、「なぜ2位なのか」「なぜ3位なのか」という根拠を明示する必要があります。

例えば2位の商品の説明書きに以下のような文章を入れると効果的です。

2位の理由
この商品は入っている成分は抜群なのですが、1位の商品と比べて価格が高いのがデメリットです。初めて試すのはちょっとハードルが高いので第2位としています。しかしコストは度外視しても質の高いものが欲しいという人は自信を持ってお勧めできますよ!

このような文章を入れることで、「とにかく質の高い商品が良い!」という人が購入してくれます。

ただただ売りたい順に並べるだけでなく、書き方を変えるだけで購入する人それぞれのニーズに合わせた商品を紹介できるようになるんです。

選んでいるようで選ばせている

こんなライティングができるようになれば収益が一気に伸びますよ。

PDCAサイクルを回すことを意識する

PDCAサイクルという言葉を聞いたことはありますでしょうか?

  • Plan(計画)
  • Do(実行)
  • Check(評価)
  • Action(改善)
 

の頭文字をとったものです。

これは、仮説を立て、実行に移し、結果を分析・評価し、また仮説に基づく改善プランを実行していくというサイクルを回していくことで徐々に良くしていく考え方です。

アフィリエイトで稼ぐためにはまさにこのPDCAサイクルを回し続けるということが必要なんです。

常に改善をしていくことで徐々に上位表示も可能になりますし、どんどん洗練されていき訪問者にとっても使いやすく、わかりやすいサイトになっていきます。

そうすればアクセスも自然に集まってきますし、報酬も付いてくるようになります。

サイトを立ち上げてアクセスが来ない…と嘆いて手が止まってしまう人が多いですが、少しずつでも改善していくことで段々アクセスは増えていきます。

サイト修正・サイト改善方法まとめ

この記事のまとめておきます。

  1. サイト修正を行うタイミング
    ・サイト修正の前提としてサーチコンソールに登録しておく
    ・サイト完成から1ヶ月は放置しデータを貯める
  2. サイト修正には2種類ある
    ・アクセスを増やすサイト改善
    ・成約率を高めるサイト改善
  3. アクセスを増やすサイト改善
    ・順位は低いけど表示回数が多い記事を対象とする
    ・サーチコンソールのデータを利用して追記を行う
  4. 成約率を高めるサイト改善
    ・アクセスが取れている記事とキラーページを対象とする
    ・販売までの動線と訪問者の使いやすさを追求した修正を行う

ここまでで一通り「アフィリサイトの作り方」を説明してきました。

僕がイチからサイトを作るとしたらどういう視点でどういうことを考えて作っていくかを詰め込みました。

読んでみると簡単そうに見えても実際にやってみると難しいと思います。でもやる価値は高いと思います。

興味を持ってくれた人はぜひ取り組んでみて下さいね!