アフィリ記事の書き方|読み手に行動させる「PREP法」と記事作成3つの原則

アフィリ記事の書き方

神崎
こんにちは、社畜キングダムの神崎です。

今回は記事の書き方について解説していきます。

私もそうだったんですが、初心者であればあるほど記事作成で手が止まってしまいがちです。

今まで大量の文章を書くという経験をしてきた人って少ないですよね。国語の授業でちょこっと書いたことがあるくらいでしょうか?

  • 記事が書けない・何を書いたらいいかわからない
  • 手が止まる
  • 記事数が増えない
  • サイトに集客記事と売込記事が無い
  • もちろん成果が出ない
  • アフィリに対するモチベーションが減退
 

記事が書けないとこんな感じで、完全に負のスパイラルに陥ってしまうんです。

なので、記事を書くことは本当に大切なんですが、いきなり「書け!とにかく書け!」と言われても、「でも書けないし…」と不満に思うことは珍しくありません。

実は記事作成にはコツがあるんですね。このコツを押さえれば、初心者でもアフィリエイトで稼ぐための記事を書くことは可能です。

  • 文章を書いた経験がなくて不安
  • うまく記事が書けない
  • そもそも何を書けばいいかわからない

そんな人でもスラスラ記事が書けるようになるためのポイントを説明していきます!

記事を書く前に意識すべき3大原則

まず記事を書くときの心構え、どんなことに気を使って記事を書いていけばいいかについて説明していきます。

記事を書くときに意識すべきことはたった一つ。それは小学生でもわかるように書くということ。

アフィリエイトのゴールは「読者に行動をさせる」ことです。人は納得して初めて重い腰を上げて行動に移します。納得するためには記事の内容がすんなり腑に落ちるよう書いていかなくてはなりません。

人を行動させる文章なんて書けないよー(泣)

と思うかもしれませんが、「とにかくわかりやすい記事」を書けば、「一歩踏み込んだ説明をしている」という印象を読者に与え、結果として行動してくれる確率が高まるんです。

ということで、わかりやすい記事を書くために、私がいつも考えている3つの原則を紹介していきますね。

  1. 友達に語りかけるように書く
  2. 難しい専門用語を使わない
  3. リズムが良く読みやすい文章にする

私自身、これを意識するようになってから文章が劇的に変わったので、ぜひ紙に書いて机の前にでも貼っておいて、記事を書く前に必ず見てから書くようにしてみてください。

原則1. 友達に語りかけるように書く

よく「記事を書く」ということを勘違いして、論文みたいに固い書き言葉で書いてしまう人が多いのですが、読者に伝わりやすいのは話し言葉です。

普段話している言葉を使って記事を書いていくことで親近感が湧き、すーっと文章が入ってくるのです。「話し言葉で書くのが難しい」という場合には、伝える人を具体的にイメージしてみましょう。

育毛剤の記事を書くのであれば、ハゲている友達を思い浮かべてその人に話すように書く。ダイエットの記事を書くのであれば太っていつも汗をかいている人を思い浮かべる。

これを意識するだけで記事のターゲットが絞れるので、伝えたい人に響きやすい文章になります

神崎
共感を得るためには距離感を縮めることが大事!

原則2. 難しい専門用語を使わない

考えてみれば当たり前なんですけど、検索してくる人ってその分野に詳しくないから調べるわけですよね。なのでサイト訪問者は圧倒的に初心者や知識が少ない人が多いんです。

そんな人にいきなり専門用語や業界用語を使ったら何を言ってるか伝わらず、

「何かよくわからないサイトだなぁ」

と一瞬で離脱されてしまいます。

会議で「アジェンダのアウトラインは…」とか「コンセンサスを得ておきたい」みたいに横文字ばっか使ってる人が嫌われるのと一緒。

なるべく難しい専門用語を使わずに平易な言葉で書くことを心がけましょう。専門用語を使う必要がある場合にはきちんと説明をした上で使うならOKです。

神崎
検索してくる人の知識レベルに合わせて記事を書こう!

原則3. リズムが良く読みやすい文章にする

ネットを使って何かを調べ物をした経験のある人ならわかると思いますが、読みやすい文章と読みにくい文章ってありますよね。

読みやすい文章であれば、長くても苦労なくスラスラ読めますが、読みにくい文章だと最初の3行読んだだけでも「もう無理…」となります。

読みやすい文章と読みにくい文章を分ける要因は色々あると思いますが、私が一番重視しているのが、リズム感

記事を書いた後に自分で音読してみて、つまづく箇所・上手く読めない箇所があったら、それは読みづらい文章になっている可能性が高いので、文章を修正していきます。

神崎
テンポが良いと長い文章でも最後まで読んでもらえます!

読者に伝わる記事の構成(テンプレート)

記事を書いていてどうしても手が止まる。書けない。書いては消し書いては消し全然進まない。

こんな人の問題点は記事のテンプレートを自分の中に持っていない事が原因です。「型」ですね。

「いつもの構成」があれば、そんなに迷うことはありません。

記事の基本構成「PREP(プレップ)」

「型」はいくつかあるのですが、一番シンプルで読者にとっても記事の書き手にとっても簡単なのが、PREP(プレップ)と呼ばれる書き方です。

記事の基本的な構成としては、これだけ押さえておけば変なことにはなりませんからサクッと自分のものにしてしまいましょう!

PREPとは、最初に結論を述べ、次にその理由と具体例を出して、最後にまた結論で締めるという文章の書き方です。

  1. Point(結論):伝えたいことの要点
  2. Reason(理由):その理由を解説
  3. Example(例示):具体例や事例を提示
  4. Point(結論):再度一番重要なメッセージを伝える

この構成にすることで、何が言いたいかわからない記事になってしまうことを防げます。また何をどうやって書けばいいのか?と悩むことがなくなります。

この型に当てはめても上手く書けない場合はインプットが不足していますから、まずはその記事を書くのに十分な素材集めからやり直した方が良いかもしれません。

見出しを上手く使う

記事を書いていく上で重要となるのが「見出し」です。

見出しとは、「h2」タグとか「h3」タグとか呼ばれるのですが、すぐ上の「見出しを上手く使おう」が見出し部分ですね。

ワードプレスでは、以下の機能を使って簡単に見出しを挿入することができます。

この見出しを上手く使うことで書き手も楽になりますし、読者にとってもわかりやすいWin-Winの記事を書いていくことができるんです。

  • 書き手のメリット:書くべき事が明確になる
  • 読み手のメリット:どこに何が書いてあるか一目瞭然

書き手のメリット:書くべきことが明確になる

書き手としては、見出しがあると何をどういう順番で書いていったら良いかが明確になり、書くことに迷わないと言うメリットがあります。

見出しがないと「結局何が言いたいんだっけ?」と伝えたいことがブレてしまう可能性が高いんです。

神崎
記事に一貫性が無いと説得力も出ません。

読み手のメリット:どこに何が書いてあるかが一目瞭然

読み手としては、見出しを見ることで、どこに何が書いてあるかがが分かりやすく、自分の知りたい情報にすぐ辿り着けるというメリットがあります。

検索して色々記事を読んでみるとわかりやすいと思うんですが、見出しがなくダラダラと書かれた文章を読むのは正直苦痛です。

理想は見出しを見るだけで何が書いてあるかが全て伝わるようにすることです。

神崎
読者は見出しを見て中身を読むかどうか決めます。

その他のメリット:検索エンジンからの評価も高まる

見出しを使うと、書き手も読み手もメリットがあるのですが、実はもう一つ見出しを使っておきたい理由があります。

それは検索エンジンからの評価も高まり、書いた記事が上位表示される可能性が高まるということ。

Googleの公式サイトでも以下のような記述があり、見出しを適切に使うことが推奨されているんです。

見出しタグを使用して重要なテキストを強調する
一般に、見出しタグはタグに囲まれているテキストをページ上の通常のテキストよりも大きく表示するため、ユーザーにとってはそのテキストが重要であるという視覚的な手がかりとなり、見出しテキストの下に続くコンテンツの内容について理解しやすくなります。複数の見出しサイズを正しい順序で使用すると、コンテンツの階層構造が作成され、ユーザーがドキュメント内を移動しやすくなります。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

(補足)知っておきたい見出しのルール

知っている人も多いと思いますが、一応見出しのルールを紹介しておきます。

  • 重要度順にh1~h6までのレベルがある
    大見出し、中見出し、小見出しのようなイメージで数字が小さいほど重要度が高くなる。
  • 1ページにh1タグはひとつしか使ってはいけない
    h1タグはタイトルなので、本文はh2タグから順に使い始めなければならない。
  • レベル順に並んでなければならない
    本文ではh2→h3→h4…と順番に使っていく。

時間を短縮する記事の書き方

では実際僕が記事を書くときの順番について説明していきますね。

書き方に正解はありませんが、効率的に記事を書いていける方法だと思いますのでご参考まで。

最初に見出しを決める

上から順番に行き当たりばったりで書いていくのではなく、まず最初に見出しを決めるということが大切。

しっかりと骨組みを立ててから肉付けをしていくイメージですね。

この記事の冒頭部分に以下のような目次が表示されていると思いますが、ここを先に決めてから書く感じです。

見出しのチカラ

何をどの順番で書いていくか?結論は何か?ということを先に組み立ててから本文を書いていく。

もちろん書きながら微調整していくことも多々ありますが大枠を決める感じです。

伝えたいことを伝えたい順番で伝えることができるので、読者の納得感が圧倒的に違ってきます

1記事には何文字書けばいいの?

記事作成についてよく聞かれる質問の一つが「1記事には何文字書けばいいの?」ということ。

僕なりの結論を伝えると、何文字でも良いです。

だって記事って文字数を稼ぐために書いているわけじゃないじゃないですか。訪問して来る人の疑問に答えたり、解決策を提示するために記事を書くわけですよね。

極論を言えば、疑問に答えられれば良いし、解決策を提示できれば良いんです。

でも先ほども書きましたが、わかりやすく伝える必要があります。なので必要な補足説明や知っておいた方が良いことなどがあれば先回りして記載しておくべきです。

そうすれば大体2,000字以上10,000文字未満にはなるのでは無いでしょうか。

逆に2,000字以上にならないのであれば、書こうとしている記事のテーマが狭すぎて、10,000字を超えてしまうのであればテーマが広すぎると考えられます。

記事にアクセスが来るかは気にしない←重要

記事を書いていると不意にこう思うことがあります。

「誰がこんな記事読むんだろう」

私もこの記事を書きながらチョコチョコそんな思いが頭をよぎっています。笑

でも、めちゃめちゃ稼いでいる人でも最初はアクセスが来るのだろうか?誰か読んでくれる人はいるんだろうか?と言う不安に駆られることはあるそうです。それが普通なんです。

なので、記事にアクセスがあるかは気にせず、一つ一つの記事を丁寧に書いていきましょう。

記事を書くときに考えることはたったひとつです。

読者が価値を感じる記事か?

ここさえできていればアクセスは時間の経過とともに自然と増えていきますから安心しましょう。

記事作成のポイントまとめ

ではこの記事をまとめておきますね。

  1. 意識すべきは「小学生でもわかるように」書くこと
    ・友達に語りかけるように書く
    ・難しい専門用語は使わない
    ・リズム感を大事にする
  2. 読者に伝わる記事の構成
    ・PREP(プレップ)を使う
    ・見出しを上手く使う
  3. 記事の書き方
    ・最初に見出しを決めてから書き始める
    ・1記事の文字数は何文字でも良いが丁寧に
  4. 記事にアクセスが来るかは気にしない
    ・読者に価値を伝えることだけにフォーカス
    ・時間の経過とともにアクセスは増えていく

記事作成は手が止まりがちですが、シンプルに考えれば、

読者が知りたいことは何だろう?読者が知っておくべきことは何だろう?ということを考えて、見出しの力を使いつつわかりやすく伝える

ということを突き詰めていくだけです。

徹底的に訪問してきてくれた人のことを考えて書く。訪問してきてくれた人の疑問を先回りして書く。記事作成で重要なのは型を覚えた上で読者目線に立つ。これです。

ぜひ手が止まりがち…という人はPREPの型を覚え、今まで経験してきたことや調べてきたことを何も知らない人にわかりやすく伝えるということを意識して書いてみて下さい。